HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

BTキーボードでATOKの制御   [English]

以前 Freedom Mini Bluetooth Keyboard について感想を書いた時点ではこのキーボードだけでは IME の制御は出来なかったのですが、いつの間にか英国のじぃさん作の PQz が PPC2003 にも対応されていたようです。(mi さん、お知らせありがとうございました)

PQz と PQz Key を組み合わせて使うとこのキーボードだけで IME の制御などが出来るようですのでその設定を簡単に記しておきます。
あと必須では無いですが個人的な趣味で TK-BLOG さん作の FEPTgl も併用します。

以下のような設定をしておいて BT マネージャがバックグラウンドで立ち上がってさえいれば,あとは PDA 本体に一切触らなくてもアプリの起動,ATOK のオンオフ切り替え,予測変換候補の選択,確定等がこのキーボードの操作だけで可能です。

以下,設定画面のキャプチャです。



本来の PQz の用途では PQz 自身で IME をオンオフする様に設定するのでしょうが,PQz 自身の設定では単一キーしか指定できないようです。

BTKB_PQz_01.png PQz の "IME" タブの設定画面で escape キーなどを割り当てて使ってもいいのですが,個人的に Ctrl キーとのコンビネーションで IME のオンオフを行いたいので,ここでは無効なキーを適当に指定しておきます。(none を選ぶと PQz のインジケーターまで無効になってしまうので適当なキーを割り当てておく方がいいでしょう)

またこの画面では予測変換候補を選択するキーの指定もできます。このキーボードでシフトキーと矢印キーの同時押しは難しいので "NO SHIFT" を選択します。


BTKB_PQz_02.png IME のオンオフ切り替えは PQz のアプリ起動機能を使って FEPTgl を実行することで行います。


BTKB_PQz_03.png PQz の "Program" タブで "ADD" をタップしキーコンビネーションと起動するアプリを設定します。

ここでは Ctrl + Space で FEPTgl が起動する = IME のオンオフを切り替えるように設定しています。

これでとりあえずは "Ctrl + Space" で IME の切り替えができますし,ATOK の予測変換候補の選択も左右の矢印キーで可能です。
しかしこれだけでは(私の環境では)予測変換候補の確定ができませんでした。

そこで PQz Key を利用して候補確定をキーボードの操作に割り当てます。

BTKB_PQz_04.png FEPTgl を割り当てたのと同じように "Program" タブで "ADD" をタップしキーコンビネーションと "PQz Key" およびキーコードをパラメーターに指定します。

ここでは "Ctrl + M" に PDA 本体の下矢印押しで発生するキーコードを指定してあります。

この設定によりキーボードの矢印キーで予測候補を選択し,"Ctrl + M" で候補を確定できます。

私の環境では候補確定のキーコードは "D:28 D:84 U:28 U:84" でうまくいきましたが,これは機種に依存するかもしれません。その場合は PQz Check を利用して候補を確定できるキーのコードを調べて下さい。


以上の設定で IME のオンオフ,予測変換候補の選択,確定がすべてキーボードの操作だけでできるようになりました。

以下は個人的な趣味で候補の選択も Ctrl キーとの組み合わせでできるようにするための設定です。

BTKB_PQz_05.png この設定で "Ctrl + B" で左の候補に移動します。


BTKB_PQz_06.png この設定で "Ctrl + F" で右の候補に移動します。

Ctrl とのコンビネーションに M, B, F を使ったのは単に私の趣味です(emacs 好きなので)。割り当てるキーコンビネーションはお好みで決めてください。ただ Z, X, C, V, A, S などなど,もともと Ctrl との組み合わせで機能が割り当てられているものを上書きしてしまうのは避けたほうが無難じゃないかと思います。

その他のキーコンビネーションにキーボードを使う時に良く使うアプリを割り当てておくと,ほとんど全ての操作を PDA 本体に触れることなくこのキーボードの操作だけでできます。
まだ設定したばかりですがこれはかなり快適です。

最後になりましたがとても便利なアプリを公開してくださった英国のじぃさん,TK-BLOG さん,どうもありがとうございます。


余談:以前のエントリにも書きましたが使用のたびに PIN コードの入力が必要なのは初期不良の可能性が高いと思われます。そのような個体をお持ちの方は交換してもらった方がいいと思います。
いちいち PIN コードを入力しなくていいのはとても快適ですよ。


さらに余談:やっぱりキーボードがあると便利ですねー。せっかく Verizon が利用できるところにいるんだから Treo700w か SCH-i730 を買っちゃおうかなー。でも携帯電話は要らないしなー。うーん。
このキーボードが腕ぱーでも使えたらいいのになー。

コメント

コメントの投稿 (Post Comment)

管理者にだけ表示を許可する (Only administrator can read this comment)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal9.blog3.fc2.com/tb.php/77-d0815e27

[Windows Mobile] HALの不定期雑記,BTキーボードでATOKの制御

Freedom Mini Bluetooth KeyboardでのPQzを使ったキーボードだけでのIMEの制御方法をくわしく紹介しています。スクリーンショット6点。 http://hal9.blog3.fc2.com/blog-entry-77.html

  • 2006/02/20(月) 23:58:34 |
  • MOBILE DAILY NEWS blog版
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。