HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

FrogPad Bluetooth キーボード   [English]

今回 Fossil は関係ありません。Bluetooth 片手キーボード iFrog FrogPad をしばらく使ってみた個人的な感想です。一言で言うと、使い道によってはとても快適ですが、普通の用途では?、という感じです。

FrogPad を PC や PDA で使うために特殊なドライバは必要ありません。PC の Bluetooth ドライバが HID プロファイルに対応してさえいれば一度ペアリングしてやれば、あとはすぐに使えます。PC 側からは普通の HID キーボードとして認識されるようです。PocketPC の場合標準で HID プロファイルに対応していなければ HID ドライバのインストールが必要なようですが、Bluetooth ヘッドフォン用にインストールしたドライバが HID も含んでいたようで、私の場合何の苦労もなく繋がりました。

私自身は右利きですが、マウスとの併用を考えて左手用の iFrog を購入しました。
20050207012825.jpg
比較のために下に普通のコンパクトキーボードをおいてあります。


このキーボード、モードキーを一切押さない場合は次のようなキーボードとして働きます。

P W R A F
D T H E O
Y S N I U


で、もちろんこれだけでは全てのアルファベットをカバーしていないので、モードキーとの併用でさまざまな入力に使うわけですが、例えばスペースキーとの同時押しで

J M B ' TAB
V C L Z Q
X G K


というキー配列になります。(そのほか詳しくはマニュアル(PDFです)を参照してください)

The FrogPad one hand keyboard is designed for typing english sentence [8/69]

フロッグパッド片手用キーボードは英文入力のためにデザインされています
furoggupaddokatateyouki-bo-dohaeibunnnyuuryokunotamenidezainsareteimasu [11/71]

いい例文ではないかもしれませんが何を言いたいかというと、FrogPad は英文に現れるアルファベットの出現頻度に基づいてキーのデザインが考えられていて、プレーンな英文を入力する限りにおいてはモードキーとの併用の頻度はそれほど高くならないようになっているのだと思います。

日本語の入力では K と M がモードキー併用が必要なので カ行 マ行 の入力に慣れが必要なのと、伸ばす音 "-" を入力する場合モードキーの同時押しではなく [モードキーを押して離す] -> [-入力] -> [モードキーを押して離す] という3動作が必要なのが面倒です。またかな漢字変換を常にリターンで確定している人はリターンキーが押しにくい位置にあるのでさらに大変だと思います。デフォルトの状態では IME の切り替えが面倒ですが,私は TrayIME をインストールして Insert を IME 起動キーに割り当てました。これでかなり楽になります。

でも実用上日英の差は(伸ばす音を除けば)それほど大きくない気もします。始めのうち同時押しがうまくできなくて無駄なスペースをたくさん入力していましたが、それに慣れてキーの位置を指が憶えてくれればそれなりに使えると思います。特に母音 A I U E O が全て人差し指で入力する位置にあるので“子音を他の四指->母音を人差し指->その繰り返し”というリズムができてくれば結構使えるかもしれません。

というわけで一般的なレビューとしては、慣れないと大変だが慣れれば普通の用途では(便利かどうかはともかく)それなりに使える、というありきたりな結論です。プレーンな英文を大量に入力し同時にマウスも使う(もしくは何らかの用途で片手がふさがる)、という時に最大の威力を発揮することでしょう。例えばキーボード無しの TabletPC を使ってる人なんかには便利なのではないでしょうか。

私はプログラムを書いたりするときは emacs を使うのですが、CTRL キーを多用するのでこのキーボードではとても面倒くさくて実用にはなりませんでした。Ctrl や Alt キーが普通のキーとして Shift の上あたりにでも配置されていれば、PhotoShop なんかを使っているときに片手で使えるショートカット入力デバイスとして随分助かるのになあ、という印象を持ちました。


***************



で、一般的でないレビューですが、私がこれを購入した目的は2つあって、1つは Bluetooth 内臓の PocketPC (LOOX720) に何かしらの Bluetooth デバイスを繋いで使ってみたかったことです。これは何の問題もなく使うことができましたが、片手用キーボードとはいえ PocketPC と比べると大きいので持ち歩くのはやめました。

LOOX720 より footprint が大きい
20050207014232.jpg

Mobile-Diary の TAKE さん曰く

Mobile Newsの記事の中で山田さんよりコメントいただきました。

キーボードが置いて使える場所だったら,折り畳みキーボードの方がはるかに使いやすいじゃないか!
まさにその通りで(笑)

片手で入力することだけが目的だとしたら、デスクトップでの使用が前提となってしまい、全くこのキーボードとしての魅力ってのは薄れてしまいます。
― 中略 ―
まぁ今のところは楽しいガジェットとして使うのが一番の魅力かと思います。

とのことですが、まあ普通はその通りだと思います。

外で立って使うなら HappyTappingKeybord で入力するか、置く場所があるなら折りたたみ式の Bluetooth キーボードを使ったほうがよっぽど快適に入力できます。

どうしても使うのであれば、キー配列を完全に憶えてポケットの中に入れっぱなしにして使うか、または腕に巻きつけて下の写真のようなスタイルで使えばいいのかもしれません。

20050207015558.jpg

しかし私には人前でこの姿をさらす勇気はありません…。


もうひとつの目的は私の PC 使用環境、スタイルに依存するのでまずそれを説明します。私は PC を固定した机に置かずに移動式の小さな台車に載せています。その上に PC 本体や周辺機器一式、モニタを載せています。台車につながっているものは電源ケーブルとケーブルテレビの BNC ケーブルの2本だけです。ネットはケーブルテレビの線からケーブルモデムを介して繋がっています。液晶モニタは長めのアームにマウントして台車に乗っているのでかなり自由に位置を変えられます。マウスやキーボードはすべて無線式のものを使っています。こうしておくことで PC をソファの前に持ってきたり、ベッドの脇に持ってきたり、キッチンテーブルで使ったりということが自在にできます。
長文を入力する真面目モードの時は普通の無線式キーボードで不満はないのですが、ソファやキッチンテーブルで WEB を見ているだけの怠惰モードの時はほとんどキーボードは使わないのに、それでもパスワードを入力したり、一言検索を掛けてみたりといった用途はあるわけで、今まではそのたびに無線キーボードを引っ張り出して入力し、またしまう、という面倒なことをしていました。それで今までずっと超小型かつ無線式のキーボードを探し続けていたのですが、2つの条件を満たしてくれるものは見つけられませんでした。そこでこの Bluetooth FrogPad です。キッチンテーブルで食器が並んでいても邪魔にならず、ソファで寝転がっていても入力ができる。多少入力に癖があっても、私の怠惰な PC ライフにはまさにぴったりです。(使用例の写真も撮ったのですが、あまりに恥さらしな姿なので掲載はしません)
ということで私の特殊な使用環境では大変満足して使っています。入手できなくなったときのことを考えて、予備にもう一台買っておこうかと思っているぐらいです。しかしこの話、たいていの人には参考にならないだろうなぁ…。

コメント

H2: 教えてください

こんばんは。FrogPadについて教えていただきたいのですが。
最近、Bluetooth右手用のものを手に入れたのですが、うまく動いてくれません。電源を入れて上面のランプが一通り点灯消灯を行い、左横の赤いライトが点滅を始めますが、ペアリングを完了していないときに、ランプの付いているキーを押してもウンともスンとも言わないのですが、これで正常なのでしょうか?パソコンやPDAとペアリングするときにFrogPadから数字を打ち込もうと思っても反応しません。いろいろな動作を比較させていただけるとありがたいのですが。文章が長くなりそうなのでメールをいただけるとありがたいです。ブログでのやりとりが宜しければこちらからでも構いません。よろしくお願いします。

  • 2005/10/17(月) 19:32:10 |
  • URL |
  • H2 #-
  • [ Edit]

HAL:

H2 さん,こんにちは。
他の人の参考になるかもしれないですし出来るだけ web 上でのやり取りにしましょう。長いコメントになっても一向に構いません。

私の場合付属の Quick Start Guide の説明のままで問題無くペアリング出来ました。まあ説明書どおりですが具体的な手順は以下の通り。

iFrog の電源スイッチON
→ (爪楊枝か何かで)ペアリングボタン押す
→ 側面のインジケーター LED がすばやく点滅する
→ PC の BT マネージャでデバイスの検索を実行
→ BT マネージャで見つかったキーボードデバイスのペアリングを実行(BlueSoleil では アイコン右クリックから“ペアデバイス”を選択し実行する)
→ しばらくするとパスキーを入力するウインドウが表示される(*0)
→ iFrog の "Number" キーを押す(*1)
→ "Number" キーの LED が点灯し数字入力モードになる(*2)
→ 表示されたパスキー(数字)を iFrog で入力
→ iFrog で "Enter" を押してペアリング完了
→ BT マネージャで接続を実行
→ iFrog と PC が接続され文字入力可能になる

2回目以降は iFrog の電源をオンにするだけで自動的に接続される。

こんな感じです。H2 さんのところでは(*1)を行っても(*2)のところがうまくいかないということですか?その場合(*0)に相当するところまではうまくいっていますか?BTマネージャーによるとは思いますがうまくいっていればパスキーは聞かれるはずです。

ちなみに私の環境は
1)WinXP Pro SP2 日本語版/BT アダプタは "Socket BL4533-550 (USB)"
2)TabletPC 2005 英語版/"Socket BL4538-641 (CF)"
BTマネージャはどちらも "IVT BlueSoleil 1.4.9.3" です。
PocketPC(Loox720 PPC2003SE) でも基本的な手順は同じです。

  • 2005/10/18(火) 11:58:13 |
  • URL |
  • HAL #Wa15FK2A
  • [ Edit]

H2:

HALさん、こんばんは。
丁寧な説明有難うございます。
説明書が英語なので解読するのが大変で、細かい動作の状況までは書いていないようなので途方に暮れてました。

実は iFrog はオークションで手に入れました。
出品者はほとんど使うこともなく新品同様と謳ってましたので、正常動作品と思われますが。
こちらの環境は
会社のパソコンWinXP Home 日本語版/BTアダプタは中国製のメーカー不明のもの (USB)ですが、アダプタの方ではきちんと他のBT機器(BLUETAKE iPHONO)を認識して正常に動作しましたので問題はないかと思います。
BTマネージャはこちらも IVT BlueSoleil 1.4.9.5 でした。
それから、パソコンを自宅にある VAIO TYPE U で、それ以外は同じ環境で試してみました。結果は同じでした。

こんなに苦労するのなら、ちょっと金額高いですけど、日本の代理店で買えばよかったと後悔してます。

教えていただいたように何度もやってみたのですが、うまく行く時と行かない時があるようです。

まず、電源スイッチをONにすると、側面のインジケーターが点滅する時としない時があります。
どちらが正常なのでしょうか?
ペアリングボタンを押した時だけ点滅するのが正常なのでしょうか?
それとも電源を入れた時に他のBT機器を検知してペアリングしていない状態の時にも点滅すると言うことなのでしょうか?

それから、何回も見ていて不思議に思ったのですが、電源スイッチONの後、上面のグリーンのLEDが順番に点灯消灯しますが、EnterキーとSpaceキーは点灯しませんがHALさんのはどうでしょうか?
うまく動いた時にこの2つのキーを押してみたりして確認もしてみたのですが、このキーのLEDが点灯したところを見てません。どんな時に点灯するのでしょうか?

何度も認識させようとしている時、たまにパスキーを入力できる画面が出てきて、その時もNumberキーが点灯する時と点灯しない時がありました。
点灯した時は数字を iFrog から打ち込んでEnterキーを押すと受け付けてくれるのですが、その後にキーボードが使える時(BlueSoleilの画面で中央のオレンジのパソコン本体と点線で繋がる状態)と使えない時(BlueSoleilの画面でパソコン本体と点線で繋がってない状態)と気まぐれです。
Numberキーが点灯しない時は、もちろんパスキーは打てないのでお手上げです。

このような状態から見ると、多分iFrog がやはりおかしいのかなと思ってしまうのですが。
長文になってしまって内容が支離滅裂になってきました。また、いろいろ検証して書き込みたいと思います。今日はもう遅いのでこの辺で、すみませんが失礼します。

  • 2005/10/19(水) 02:55:07 |
  • URL |
  • H2 #-
  • [ Edit]

HAL:

> まず、電源スイッチをONにすると、側面のインジケーターが点滅する時と
> しない時があります。どちらが正常なのでしょうか?

どちらが正常かは知りませんが,ペアリング済みの私の個体では

電源スイッチON → (Enter と Space を除く)LED が順次点灯 → すぐ消灯 → 接続状態(キー入力可能な状態)になる

という動作です。本体側面の赤い LED は充電時には点灯状態になりますが電源スイッチをONにしただけでは点滅しません。

可能性としてはペアリングしたことを iFrog が記憶できていないとかペアリングボタンの接触がおかしくて押していないのに押されたことになっているとか考えられますが確証は無いです。

> LEDが順番に点灯消灯しますが、EnterキーとSpaceキーは点灯しません

これは私の個体でも同じで Enter と Space の LED は点灯しません。推測ですが左手用と右手用ではキー配置を論理的に左右反転しているだけでハードウェアは共通のものを用いているため使用しないキーにも LED が付いているだけだと思います。

確証は無いですが話を聞く限り H2 さんのやつの個体不良のような気がします。わたしに分かることならお答えしたいとは思いますが,メーカーに問い合わせされた方がいいのではないでしょうか。

  • 2005/10/19(水) 14:15:29 |
  • URL |
  • HAL #sqCyeZqA
  • [ Edit]

H2:

HALさん、こんにちは。

メーカーに問い合わせるには、英語ができないと厳しそうなのと、さらには出品者にも購入先を確認したりと時間が掛かりそうなので、今度はBTアダプタを日本でサポートしているものを購入してみました。

いろいろ探してみたところ、プラネックスからBT-01UDEという型番で比較的新しくて機能的に良さそうなものが出ていたので購入してみました。

このアダプタのソフトは IVT BlueSoleil ではなくて独自のものでしたので、まず、自宅のデスクトップ機に付属のドライバをインストールして試してみました。
結果は、パスコードを iFrog から入力するところまでは、スムーズに出来ました。状態も「接続」となりましたが、メモ帳を開いて文字を入力しようとしてキーを叩いてみても入力されません。何回か認識させるところからやり直してみましたが、結果は同じでした。

ここで、またまたオークションで落札して(懲りてません)届いた BLUETAKE のマウス BT500 を試してみました。同じHIDプロファイルを使うと思うのでどうかなと思いましたが、こちらは、きちんと認識して問題なく動きました。

さらに VAIO TYPE U に今までのメーカー不明のBTアダプタを使って接続してみたら、問題なく動きました。それではと、 iFrog も接続してみたら動きました。ヤッターと思いましたが、いろいろ試しているうちに不安定になってきました。最初は iFrog の電源を切ってから再度電源を入れると自動的に iFrog を認識して文字が打てるようになりますが、何度も試しているうちに認識しなくなってパソコンを再起動しようとしてソフトを終了させ、アダプタを抜いたら固まってしまいました。

メーカー不明のBTアダプタも怪しいかなと思い、今度はBTマウスと同じメーカーで、同じ IVT BlueSoleil を使う BLUETAKE のBTアダプタ BT007Si を買いました。これで不具合がでるようなら BLUETAKE にいろいろ聞けるかなと言うこともあって購入してしまいました。

念のため VAIO TYPE U にインストールしていた IVT BlueSoleil もアンインストールして BLUETAKE に付いていたものをインストールしました。結果、 iFrog も BT500 も問題なく動きました。それぞれの電源を切ったり入れたりしても自動的に認識しますし、パソコンも固まることもなく快調です。
会社に持って行き、最初にうまく動かなかったパソコンで使ってみましたらこちらもうまく動きました。

これで、やっと使えるようになりました。
これから、 iFrog を使いこなせるように練習したいと思います。

HALさん、いろいろお手数をお掛けしましてすみませんでした。

今回は、メーカー不明の中国製のBTアダプタが原因のようです。
安くオークションで出品されていたのを新品として手に入れたものです。
やられました。他の機器では動作確認が取れていたので問題ないと思いこんでました。
余分なお金と時間がかかってしまいました。

ちなみに、このアダプタに付いていた IVT BlueSoleil は
Product Version: BlueSoleil 1.4.9.5 Build 050318
Stack Version: 04.03.24.20050318
と新しいもののようでした。

BLUETAKE BT007Si の IVT BlueSoleil は、
Product Version: BlueSoleil 1.4.9.3 Build 041221
Stack Version: 04.03.21.20041221
となっていました。

あと、プラネックスのBTアダプタについては、これから時間が取れるときに確認していきたいと思います。

また、 iFrog のことで分からないことがありましたら質問させてください。
HALさん、どうもありがとうございました。

  • 2005/10/20(木) 15:35:11 |
  • URL |
  • H2 #-
  • [ Edit]

HAL:

うまく動いてよかったですね。BTアダプタとの相性(?)ですか,そういうこともあるんですね。

私はBTマウス,キーボード,ヘッドホン,PDA と使っていますが今のところそういう相性問題に遭遇したことは無かったので思いつきませんでした。
なんにせよ動いてよかったです。

ところで iFrog は今のところ使っていますが
http://www.expansys.jp/product.asp?code=124250
キーは小さいですけどたぶん iFrog で打つよりは早く入力できそうなので,これが早く発売にならないかと待ち続けてます。

  • 2005/10/23(日) 12:42:57 |
  • URL |
  • HAL #sqCyeZqA
  • [ Edit]

コメントの投稿 (Post Comment)

管理者にだけ表示を許可する (Only administrator can read this comment)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal9.blog3.fc2.com/tb.php/7-73990175
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。