HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まとめてアップデート   [English]

WristPDA 用アプリのマイナーバージョンアップ版を公開します。

HalKeyConfig (0.9b → 0.91b)
HalLaunch (0.9b2 → 0.91b)
拡張フォントダイアログ (0.9b → 1.0)

ダウンロードはそれぞれのページからお願いします。HalLaunch,拡張フォントダイアログの旧版をお使いの方は,それぞれ機能をオフにしてリセットしてから上書きインストールして下さい。

以下,変更点の説明です。

基本的にどれも使い勝手向上のためのマイナーチェンジだけで,新規の機能追加とかは無いです。


HalKeyConfig 0.9b → 0.91b

・アプリが明示的に起動されていない時(例えば RonDo → HotSync → RonDo,または時計モードからの復帰時)でもキーの置き換えが有効になるようにした。

・設定アプリの数が増えても遅くならないようにした。

・Fossil のシステムにおいて RockerUp/Down のイベントがアプリで処理されなかった場合には,次のイベントループにおいて PageUp/Down イベントが自動的に生成される。この仕組みの所為で HalKeyConfig でキーコード割当を PageUp/Down にしか行っていなくても,RockerUp/Down を押した時には PageUp/Down に割り当てたキーコードが発生してしまっていた。この問題を回避するようにした。

・メニューが開いている時にはキーの置き換えが無効になるようにした。これにより例えばロッカーキーをJOGに置き換えていても,メニューを開いた時はロッカーキーでメニューの選択が可能になる。
この動作追加に伴いメニューが開いているときにも(従来通り)キーの置き換えを継続するオプションを追加した。(もっともこのオプションを有効にする必要は無いとは思いますが)


HalLaunch 0.9b2 → 0.91b

・ボタンの表示が化ける問題の修正。

・特定のキーコードを長押しで発生するときは繰り返し発生するようにした。対象は Palm 4大ボタンと JOG 関係。これにより,

HalLaunch の起動 → ページ送り → ページ送り → …

の動作がキーの押しっぱなしで出来たのと同じように,

メモ帳の起動 → カテゴリ切り替え → カテゴリ切り替え → …

というような動作をキーを押しっぱなしにすることで出来るようになった。

・長押し+バックキーでDAを呼び出した時の動作改善。
DA起動直後に長押ししていたキーがキャンセルされずにDAに渡されてしまっていた。このためにLDAなどで押すつもりが無かったものを押したことになったりしていた問題を改善した。

・復帰時起動に時計アプリがちゃんと指定できなかった問題の修正

・普通の Palm には含まれているパネルアプリ Buttons と同じようなパネルアプリ ButtonF.prc をおまけアプリとして同梱。
これにより HalLaunch のキーコード発生機能での呼び出し/カテゴリ切り替えを,PsMemo など代替アプリに対して適用できる。


HalLaunch/KeyConfig 共通 0.9b2 → 0.91b

・特定のキーコードについては KeyDownEvent だけでなく KeyUpEvent も発生するようにした。 対象キーは vchrHard1-4, vchrJogRelease
これにより一応は HotTime のランチャ機能も使用可能。


拡張フォントダイアログ 0.9b → 1.0

・フォントの選択/決定をキー操作だけでも出来るようにした。

・正式版として公開。それに伴いソースコード公開。

コメント

コメントの投稿 (Post Comment)

管理者にだけ表示を許可する (Only administrator can read this comment)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal9.blog3.fc2.com/tb.php/45-aa279687
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。