HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HalLaunch ver. 0.3 Beta for Wrist PDA 公開   [English]

[05/6/30 追記] 以下の情報は古いです。最新版をこちらで公開しています。

ENGLISH page is HERE


Fossil/Abacus Wrist PDA with Palm OS 用のランチャーソフト HalLaunch ver. 0.3 beta を公開します。ちなみにバージョンアップ版では無くて新規公開です。

HalLaunch03b_00FrameView.png 主な特徴

・本体右側の5つのハードボタンでアプリ起動
・HalLaunch 自体の起動はボタンの長押しで行う
・時計モードからの復帰時に自動起動するように設定可
・複数のコマンドページの切り替え可能
・普通のアプリ以外のパネルアプリ,DAも登録可能(制限あり。後述)
・すぐに時計モードに移行させる等のちょっとした特殊機能

始めの3つの特徴により大抵の状況下(他のアプリ起動中や時計モード)から,最低ハードウェアボタンを2回押すことで登録したアプリを起動できるようになります。

以下ダウンロード先と使い方の説明です。


ダウンロードと配布条件等

基本的にフリーウェアです。但し寄付は歓迎です(詳しくはアーカイブの中の ReadMe 参照)。
再配布については事前に御連絡下さい(連絡先は ReadMe に書いてあります)。
このソフトウェアは一切無保証です。本ソフトを使用することで生じたいかなる損害,損失などについても私 HAL は一切の責任を負えません。使用に当たっては自己責任でお願いします。

ダウンロード→ HalLaunch_0.3b.zip (21 KB)
[05/6/30 追記] 最新版をこちらで公開しています。

インストールとアンインストール

アーカイブの中の HalLaunch_J.prc (または英語版の HalLaunch_E.prc)を WristPDA に普通にインストールして下さい。

アンインストールする場合には,後述する長押し機能または時計からの復帰時起動機能をオンにしている場合は必ずオフにしてから本プログラムを削除して下さい。


基本的な使い方

普通,WristPDA の右側に並んでいる PageUp, RockerUp, RockerEnter, RockerDown, PageDown のキーは項目の移動(と決定)に使われると思います。しかし本アプリではこれらを移動手段ではなく,5つのボタンとみなしてそれぞれのキーにアプリを割り当てることで素早いアプリの起動を可能にします。

HalLaunch03b_01ButtonPress.png
この画面の例ではPageUpキーを押すと Palm君1号 が起動し,

Rockerキーを下に倒すと時計モードに移行します。

まあちょっと特異な操作方法という感じもしますが,いわゆるアプリケーションボタンの無い本機において,ボタンでアプリの起動をさせたい時の解法の一つと思って下さい。

で,これだけではわざわざ標準のランチャーから HalLaunch を起動しないとボタン押しでアプリを起動することができないのであまり意味がありません。HalLaunch の特徴は以下に述べる本アプリ自体の起動方法にあります。


起動方法の設定

メイン画面の左上の“起動設定”ボタンをタップすると次の画面が開きます。

HalLaunch03b_02LaunchOption.png

“時計からの復帰時に自動起動”をオンにすると,時計モードからPDAモードに復帰する時に HalLaunch が自動的に起動するようになります。
この場合時計モードから復帰するために RockerEnter を一回押し,次に HalLaunch 上で目的のアプリを起動するためにどれかのキーを一回押す,都合二回のキー押しでアプリが起動できるというわけです。

“キーの長押しで起動”をオンにすると選択したキー(デフォルトでは PageDown)を指定時間(デフォルトは900ミリ秒)押し続けることで HalLaunch を起動します。この機能のオンオフを切り替えるにはソフトリセットが必要です(オンオフボタンを押すと確認ダイアログが出ます)。

この機能が有効になっていれば他のアプリ起動中であっても PageDown キーを長押し(一回目)すれば HalLaunch が起動するので,HalLaunch 上で目的のアプリを起動するためのにどれかのキーを押せば(二回目)良いわけです。

但し,この機能を有効にするとそのキーではどのアプリ上であってもキーリピートイベントが発生しなくなります。機能を PageDown に割り振っていて,あるアプリが PageDown を押しっぱなしにすることでしか実行できない機能を持っていた場合にはその機能が使えなくなってしまいます。またゲームなどで,SysHandleEvent() の前にキーイベントを処理しているようなアプリの場合キーの長押しで HalLaunch を起動する機能は(そのアプリ実行中は)無効になります。


アプリの割り当てを変更する

それぞれのキーに割り当てるアプリを編集するには,メイン画面で“割当変更”ボタンをタップして下さい。以下の画面が開きます。

HalLaunch03b_03ButtonOpt1.png ここでは例として RockerUp キーに HotTime を割り当てる手順を説明します。
1)機能カテゴリ選択ボタンで Appl を選択する。
2)すると機能リストにそのカテゴリの機能(ここではアプリ名)一覧が表示されるので,HotTime を選択する。
3)RockerUp に対応する割り当てボタンを押して割り当て完了。

なお,機能カテゴリには4種類ありますのでそれぞれ簡単に説明します。

Appl:普通のアプリです。不可視属性のものもリストアップされます。複数の Fossil 用の時計アプリはそれぞれちゃんと別物としてリストアップされます。

Panl:Preference に表示される個々のパネルアプリです。但し,パネルアプリがちゃんと作られていないと起動できません。これはパネルアプリ側の問題です。例えば General パネルは起動できますが,WristPDA パネルは出来ません。
[05/5/16追記] この説明は間違いでした。ver 0.3b のバグでした。ver 0.6b 以降では修正したのでどのパネルアプリも起動できます。

DA:一応 DA を起動できます。但し,HalLaunch 自身は普通のアプリであっていわゆる DA ランチャとして作られていないため(例えば入力支援系などの)一部の DA を起動しても意味は無いです。でも環境設定系,情報表示系の DA を起動できる意味はあると思ったので実装してあります。

Spcl:特殊機能。以下の3つがあります。
・時計モード:Auto-Off Time によらず直ちに時計モードに移行します
・画面オフ:画面を消去します。多分普通の電源オフに相当すると思います(確証なし)
・リセット:リセットします
これらの機能は実験的なものです。それぞれ何かしらのトラブルが起きる可能性があります。特にリセットはボタンを押しながら行うとハードリセットになったりデバッグリセットになったりするので大変危険です。これら機能の使用に当たっては十分注意して下さい。なにか損害を受けても私は責任を負えません。


複数のページを使う

使用するページ数の変更

HalLaunch03b_04PageOpt1.png まずメイン画面で“割当変更”ボタンをタップして編集画面を開き,上のほうにあるページインジケーターボタンを押してください。
このボタンは“現在のページ番号/総ページ数”を表示するインジケーターであると同時にページ数編集画面を開くボタンでもあります。

HalLaunch03b_05PageOpt2.png ページ数編集画面が開くのでここでページ数を変更してください。
最大ページ数は32となっていますが特に意味のある数字ではありません。原理上一つのアプリが保持できるプリファレンス数の限界まで増やせるはずですが実用的ではないのでとりあえず上限を32にしてあるだけです。実用上は1ページがベスト,そうでなくても3~4ページ以内に抑えたほうがいいと思います。

編集画面でのページの移動

ページインジケーターの左右の三角をタップして下さい。

メイン画面でのページ移動

HalLaunch03b_06PageMain.png メイン画面でのページ移動は画面上のボタンタップで次ページへ移動前ページへ移動が出来ます。

しかし,本アプリのコンセプトはハードキーの操作だけでアプリを起動することですからこの方法はあまり推奨しません。

起動設定のところでキーの長押しによる HalLaunch の起動を有効にしてあれば,HalLaunch 上で指定キーを長押しすることでページ移動が行えます。こちらがお勧めです。

使ってみてもらえば分かると思いますが,HalLaunch 起動のために他のアプリ上でキーの長押しをし,そのまま保持していれば HalLaunch ではコマンドページが切り替わっていきますから目的のページになるまで保持して,そこでアプリの起動キーを押せば良いのです。このページ切り替えを伴う場合でも(長押し時間の長短はありますが)ボタンを押す回数は二回で済みます。


最後に

使って頂けた方はバグなど見つけましたら是非お知らせ下さい。このエントリにコメントとして報告していただけるとありがたいです。また使い方でよくわからない点があればそれも是非御指摘ください。

以前のエントリにひぐちさんから頂いたアドバイスは大変参考になりました。改めて御礼申し上げます。

コメント

ひぐち: すばらしいアプリです

HalLaunchの公開、おめでとうございます!
早速使わせていただきましたが、すばらしい!の一言です。
WristPDAユーザの気持ちを良くわかっているアプリだと思います。
#実は私もこういう方向を狙っていたので、「やられたー」という
#感じもあります(笑)

これからもがんばってください!
お手伝いできることがあれば何でもしますよ!

  • 2005/04/28(木) 00:30:30 |
  • URL |
  • ひぐち #-
  • [ Edit]

HAL: コメントありがとうございます

ひぐちさん,いつも素早いコメントありがとうございます。

> #実は私もこういう方向を狙っていたので、「やられたー」という
> #感じもあります(笑)

まだまだ改善の余地も,また違ったアプローチ(例えば 本体を DAランチャー化するとか,RonDo のようなインターフェイスにするとか)もあると思いますので余裕があったら是非作って下さい。私の作るアプリってなんか楽しさというか,遊び心が無いんですよね。HotTime みたいな遊び心を刺激するようなアプリを作れるのはうらやましいです。

> これからもがんばってください!
> お手伝いできることがあれば何でもしますよ!

ありがとうございます。こうしてコメントを頂けるのが何より励みになります。

  • 2005/04/28(木) 13:13:02 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

JackOne: 良いです!

HalLaunch公開おめでとうございます。
早速使わせて頂いてます。
気になっていたA+との同居も問題ないようで一安心です。
DAも簡単に起動できるようになって腕Palmがますます便利になりました。

  • 2005/04/28(木) 13:21:45 |
  • URL |
  • JackOne #22s72cIM
  • [ Edit]

HAL: A+とHalLaunch

JackOne さん,コメントありがとうございます。

> 気になっていたA+との同居も問題ないようで一安心です。

そういえば A+ というものがありましたね。私は試用中にハードリセットしたせいか,または日付をいじったりしていたせいか分かりませんが,ほとんど試用しないうちに使えなくなってしまったので存在を忘れていました。確か A+ はハードキーの組み合わせでどのアプリが走っていてもアプリを呼び出したり出来るんでしたっけ。確かに機能衝突が心配ですね。
JackOne さんの環境では問題ないとのことですが,インストールした順番などによっては問題が出る可能性もありそうですね。

私はいまさら A+ を購入する気も無いのですが,他の方で A+ を使われていて HalLaunch も試して頂ける方がいらっしゃいましたら,是非問題があった/無かったなどをご報告頂けると助かります。

  • 2005/04/28(木) 15:02:29 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

bono2: またまた使わせてもらってます。

HalWatchに引き続きHalLaunchも使わせてもらってます。
これはbono2が一番欲しかった機能です。
既存のボタン起動ランチャーがことごとく使えなかったのでとっても困ってたところだったからです。
本当にありがとうございました!!
これからもがんばってください!!

  • 2005/04/28(木) 23:09:56 |
  • URL |
  • bono2 #-
  • [ Edit]

HAL:

bono2さん,コメントありがとうございます。

> これはbono2が一番欲しかった機能です。

そう言って頂けると嬉しいです。もともとはHalWatchにオプション設定の機能をつける習作として簡易ランチャを作り始めた時に,bono2さんの4/8の日記を拝見して”ああそうだよなぁ”と思ったのが習作としてではなく便利なランチャを作ろうと思ったきっかけのひとつになりましたから。

  • 2005/04/29(金) 13:18:26 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

JackOne: 気づいた点

しばらく使っていて不具合ではないのですが、気になった点があるのでご報告させて頂きます。

・メイン画面の[pg1/5]というボタンから、他のボタンへドラッグ操作をすると、その[pg1/5]ボタンの表示が真っ白になってしまいます。他のボタンでは発生しません。

・割り当て変更画面の表示されるアプリとDAのリストの並びはどういう順なのでしょうか?アルファベット順ではないですし、Launcherの登録順とも違うようですし。

  • 2005/05/02(月) 12:31:54 |
  • URL |
  • JackOne #22s72cIM
  • [ Edit]

HAL: Re: 気づいた点

JackOne さん,ご報告ありがとうございます。

ボタンの表示が消えたり文字化けしたりするのはこちらでも確認しました。この現象は動的に表示を変えているボタン(アプリ割り当てボタンなど)でも起きるようです。原因と対処法は見当がつくので近日中に対応したいと思います。

アプリ選択リストの並び順は Palm OS のデータベース探索関数が返してきた順番です。これはアプリをインストールした順番とかによって変わるみたいです。
データベース名が必ずアルファベットであるならソートするのはそんなに大変ではないのですが,日本語の名前とかが混じると面倒なので一切ソートしてませんでした。アルファベットの名前のものだけはソートするとか,ちょっと検討してみます。

今回はご指摘頂きありがとうございました。今後もバグや気づいた点などがありましたらご報告下さい。

  • 2005/05/02(月) 14:21:37 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

ひぐち: もしかして...

>・割り当て変更画面の表示されるアプリとDAのリストの並びは
>どういう順なのでしょうか?

割り込みですみません。
本件ですが、実は私も、ちょっとだけ気になっていました。

もしかして、DmGetNextDatabaseByTypeCreator()で全てのapplタイプの
データベースを検査し、ainRscを取得して名前のリストを作っては
いませんか?

もしそうだとしたら、SysCreateDataBaseList()を使用することを
お勧めします。このAPIですと、余計なことを一切考えずにアプリ
ケーション名をリストとして作成することができます。

もしすでにSysCreateDataBaseList()をお使いでしたらごめんなさい。
なお、最後のパラメータをtrueにすると、ソートもしてくれますよ。

  • 2005/05/02(月) 16:05:05 |
  • URL |
  • ひぐち #-
  • [ Edit]

HAL:

ひぐちさん,アドバイスありがとうございます。

返事を書くために HalLaunch を作る時に書いておいたメモをお見せしたほうがいいと思ったので別エントリ(http://hal9.blog3.fc2.com/blog-entry-25.html)にてアップしました。ただまとまりの無い文章ですので読むのが面倒だったら無視してください。

一言で返事をするなら dbID の永続性に疑問があるらしいので SysCreateDataBaseList() は使わなかった,ということです。

これからも何か気づいた点やアドバイスなどありましたら是非お願いします。

  • 2005/05/03(火) 13:14:06 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

コメントの投稿 (Post Comment)

管理者にだけ表示を許可する (Only administrator can read this comment)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal9.blog3.fc2.com/tb.php/21-904b71fe
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。