HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Fossil WristPDA 時計置き換えアプリ HalWatch 暫定公開その2   [English]

Fossil Wrist PDA の Watch App を置き換えて使用できる時計アプリ HalWatch の暫定版その2を公開します。
HalWatch はモジュール方式で時計の見た目を変えることが出来,さらに他の方が Fossil 用に作成された時計アプリをあたかも本アプリのモジュールのひとつのように扱うことで多様な時計を簡単に切り替えられるようにします。



腕Palm こと Fossil Wrist PDA,入手された人も少しづつ増えてきたようでぼちぼち専用の時計アプリも増えてきました。しかし時計モードで常時使用できるのはそれらのうちのひとつだけ。Wassup のように次の予定を確認できる時計は便利だけど時計としては標準のアプリに含まれるアナログ表示が好き。こんな場合時計アプリを切り替えようと思ったらいちいち時計モードから PDA モードに戻って Pref を立ち上げて時計アプリを選択しなおして時計モードに移行するのを待たなくてはいけない。これはめんどくさい。そうお思いの方は拙作 HalWatch を試してみてください。

以下,ダウンロード先と説明です。


前回からの変更点:
・フェイスの切り替えを(標準時計アプリと同様に)ちゃんと記憶する。
・各フェイスを別モジュールに分けて実装。
HalWatch 以外の Fossil 用時計アプリを HalWatch のモジュールのひとつであるかのように扱う。

これだけの説明ではよくわからないでしょうから説明を読んで欲しいのですが,せっかちな人のためにとりあえずダウンロード場所を示します。なお,このアプリを使って何かトラブルなどが起きても当方は責任を負えません。また,開発途上の暫定公開版であるので二次配布はしないで下さい。

ダウンロード→ HalWatch050405.zip (11 KB)
[05/12/29 追記]最新版は HalWatch のページ からダウンロードしてください。

あと,感想などをコメント,トラックバックしてくれると嬉しいです。

なお暫定公開は多分これで終わりで,(多少時間がかかると思いますが)次の公開から正式公開とすると思います。

では,以下説明します。

インストール
まずはダウンロードしたファイルを解凍すると以下の4つのファイルが展開されます。

HalWatch.prc
hwAnalogPlus01.prc
hwCalendar01.prc
hwDigi01.prc

これらのうち HalWatch.prc がメインプログラムです。これは必ずインストールしてください。
hw で始まる3つのファイルは HalWatch.prc から呼び出されるモジュールで,それぞれアナログ時計,カレンダー,デジタル時計のフェイスの描画を担当します。これらの内少なくともひとつはインストールしてください。それぞれのモジュールの見た目は前のエントリを参照してください。

本体にインストールしたら Pref → WristPDA → WatchApp で HalWatch を選択してください。

設定

あとは時間が経てば時計モードに移行して HalWatch が実行されるはずです。

アンインストール
hw で始まる3つのファイルは非表示属性になっているのでアンインストールしたい場合は(将来的には HalWatch から消去できるようにする予定ですが)現時点では FileZ とか DB MaN などを用いて消去して下さい。
HalWatch.prc 本体を消去したい場合は Pref で Watch App の指定を解除してからファイルを削除してください。


それでは今回の変更点を説明します。

フェイスの切り替えを(標準時計アプリと同様に)ちゃんと記憶する
この点は説明は要らないでしょう。標準の時計アプリがそうであるようにフェイスの切り替えをちゃんと覚えているので,一旦 PDA モードに戻っても次に時計モードになった時には最後に表示されていたフェイスが表示されます。

各フェイスを別モジュールに分けて実装
これが今回のキモです。
標準の時計アプリはたくさんのフェイスがあるのでその日の気分で表示を切り替えたり出来るのは気に入っているのですが,あまり気に入らないフェイスもいくつかあります。どうせなら気に入ったものだけを選んで有効にできればいいのにな,と思っていました。
そこで HalWatch ではフェイスの描画部分をそれぞれ独立したファイルにすることで,新しいフェイスの追加/削除を容易できるようにしました。
現状ではモジュールは3つしか用意できていませんが,いくつかアイデアもあるのでそのうち追加したいと思います。
また各モジュールは時計の描画だけを行うため,とても簡単なプログラムになっています(hwDigi01.prc のメインコードは 80 行以下です)。正式公開後にはモジュール作成の仕様とサンプルを公開して誰でも自分のモジュールを作成できるようにする予定です。

HalWatch 以外の Fossil 用時計アプリを HalWatch のモジュールのひとつであるかのように扱う
HalWatch を時計アプリに設定してあれば PDA モードに戻ることなく時計モードのままで,ロッカースイッチの操作だけで,Wassup や DWatch,Hottime,拙作のアナログ時計などの表示の切り替えが簡単に行えます。
この機能は当初は考えていなかったのですが,モジュール呼び出しの仕組みを実装した後で,ほんのちょっとの変更で Fossil の規定に従った時計アプリを同じような仕組みで呼び出せることに気づいたので実装してみました。
自分で言うのもなんですが,複数の時計アプリをその時々で切り替えられるこの機能は使ってみるとかなり便利です。ぜひお試しあれ。

操作について

ロッカーダウン:表示モジュールを切り替えます。
例えば hwDigi01 → hwAnalogPlus01 → Wassup → DWatch → … という感じで。

ロッカーアップ:フェイスの切り替え。
現在表示されているのが時計アプリのフェイスなら,そのアプリ内のフェイスを切り替えます。例えば 標準アプリのデジタルフェイス → 標準アプリのアナログフェイス → … という感じで。(複数のフェイスを持たない時計アプリの場合何も起こりません)
現在表示されているのが専用モジュールなら前のモジュールに戻ります。例えば hwAnalogPlus01 → hwDigi01 → … という感じで。

文字で書くとわかりにくいですね。実際に試してみてください。


現在未実装の機能
さて,現状でも一応使えると思ったので暫定公開しているわけですが,いくつかの実装すべきことが残っています。

1)それぞれのモジュールの有効/無効の設定を行う。
いまのところ,モジュールや他の人が作った時計アプリが本体に存在すると問答無用で HalWatch に組み込まれてしまいます。インストールはしておきたいけど HalWatch に表示されるのは嫌だ,という場合も考えてそれぞれの有効/無効を HalWatch で設定できるようにする予定です。
また非表示属性なモジュールの消去なども行えるようにしたいです。

2)ロッカーキーの役割設定
上で述べたように,ロッカーキーの上下には違う意味が割り振られています。いまのところ私の趣味でこのような設定になっていますがこれをユーザが変更できるようにしたいです。

3)低バッテリの閾値の設定
前のエントリで説明したように,HalWatch ではバッテリが少なくなると画面を消去して処理を最小化します。この閾値は現在決めうちですが,ユーザーが変更できるようにする予定です。

4)アラームの設定
これも説明したように現在決め打ちされた音が鳴るだけです。これをユーザが選んだ音に設定できるようにする予定です。

これらのほかに実装して欲しい機能がありましたらぜひコメントをお寄せください。


おまけ
Fossil/Abacus Wrist PDA の時計アプリとして現在私が把握しているのは以下の通り。これらについてそのうち紹介しようと思っていたのですがなかなか時間が取れないので,とりあえず列挙だけしておきます。順番は私が存在に気づいた順番です。

Watch+ (※注) (フリーウェア)
標準の時計アプリとほぼ同じ。違うのは DateBook で指定されたアラーム音を使うことだけ。

Bob's Wach for Fossil (※注) (シェアウェア)
かなり強力なカスタマイズ機能を備えた時計。背景やデジタル時計の文字のビットマップやその位置から,アナログ時計の針の太さなどかなり自由にカスタマイズできる。またバッテリ残量の表示も出来る。反面あまりにも自由にカスタマイズできるので設定が面倒。

Wassup (Pocket Science 製) (シェアウェア)
以前のレビューを参照してください。

DWatch for WirstPDA (D COLLECTIONS さん作) (フリーウェア?)
Fossil らしさが漂うシンプルなデジタル時計。

HotTime for WristPDA (ひぐちさん作) (フリーウェア?)
まだインストールしたばかりでよくわかりませんがいろいろとカスタマイズできるらしい。

(※注) で示されたものは米 Yahoo! Groups の The Fossil Wrist PDA with Palm OS Group のファイルエリアにアップされているものです。アクセスするには無料ですがメンバー登録する必要があります。

このほかの時計アプリを御存知の方がいましたら是非ともお知らせください。

またbono2の日記bono2 さんやれるとこまでやってみるJackOne さんのところでも時計アプリを含めた Wrist PDA のアプリなどを紹介されていますので御参考までに。

コメント

ひぐち: はじめまして

はじめまして!HotTime作者のひぐちと申します。

拙作HotTimeをご紹介いただき、また、HalWatchでHotTimeへの
切り替えに対応していただき、ありがとうございました!
HalWatch、カレンダー表示に対応しているところが良いですね。

他アプリ切り替えって、wpdaAppLaunchWatchDrawTimeで
SubLaunchしているんですよね、きっと。すばらしいアイデアです。
HotTimeに切り替えたとき、もし何か問題があればぜひお知らせ
くださいませ。

  • 2005/04/06(水) 11:46:03 |
  • URL |
  • ひぐち #-
  • [ Edit]

HAL: Re: はじめまして

ひぐちさん,はじめまして。
いきなりで申し訳ありませんが,HalWatch をダウンロードしなおして頂けますでしょうか。間違って動作検証用の実験バージョンをアップしていました。時間からみてひぐちさんはこれをダウンロードしてしまっていると思います。この実験バージョンはすぐに省エネモードに移行するので実用的ではありません。
最初の挨拶がこんなミスの報告でお恥ずかしいです。

アプリの呼び出しについてはご明察の通り,wpdaAppLaunchWatchDrawTime を引数に SysAppLaunch() を使って呼んでいます。このへんのことは正式版を公開したら説明しようと思っています。まあ,気づけばなんてことないテクニックですが Fossil の時計アプリの制約を逆に利用しているようなものです。

それよりもこのアプリ,他の時計アプリを勝手に利用するのでその作者さんにはちょっと申し訳ないような気もしてます。

  • 2005/04/06(水) 12:47:45 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

ひぐち: Re: はじめまして

>HalWatch をダウンロードしなおして頂けますでしょうか。

ダウンロードし直しました!大丈夫です。

>それよりもこのアプリ,他の時計アプリを勝手に利用するので
>その作者さんにはちょっと申し訳ないような気もしてます。

少なくとも私のアプリに関しては、気にされなくて結構ですよ。
簡単に切り替えられるので、HalWatchの方をメインで使ってます(笑)

  • 2005/04/06(水) 13:32:37 |
  • URL |
  • ひぐち #-
  • [ Edit]

HAL: Re: はじめまして

>少なくとも私のアプリに関しては、気にされなくて結構ですよ。

ありがとうございます。

ひぐちさんの HotTime,まだインストールしたばかりですがいろいろなフォントが用意されていてカスタマイズするのが楽しそうですね。これからいろいろ試してみたいと思います。

  • 2005/04/06(水) 14:00:19 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

bono2: 感動してます!!

HalWatchの最新版、早速使ってみました。すごいの一言です。
こんなこと、考えもつかなかったです。ほんとに感動ものです。
せっかくの時計アプリ、いろいろ使わないとWristPDAの意味が無いですものね!!
正式版も楽しみに待っていますのでお体に気をつけてがんばってください!!

  • 2005/04/06(水) 20:59:17 |
  • URL |
  • bono2 #-
  • [ Edit]

JackOne: すごいですね

HalWatch、使わせていただいてます。
今までのアナログ+デジタル+カレンダーもかなり便利だったですけど、
今度の新機能、これまたスゴいですね。
完成版を楽しみにしています。

  • 2005/04/06(水) 22:18:48 |
  • URL |
  • JackOne #22s72cIM
  • [ Edit]

HAL: ご感想ありがとうございます

bono2 さん、JackOne さん、
コメントありがとうございます。やっぱり感想を頂けると嬉しいです。皆さんの気に入っていただけたなら何よりです。

でもひぐちさんもご指摘の通り、アイデアさえ思いつけば技術的には本当に単純なことしかしてないんですけどね。

正式版では今のところ決め打ちになっているパラメータをユーザが設定できるようにするだけで機能の追加はないと思いますが、またそのときは試していただけると嬉しいです。

  • 2005/04/07(木) 07:10:05 |
  • URL |
  • HAL #-
  • [ Edit]

ひゃま: ちょっとした疑問

大変便利に使わせてもらっています。
標準の時計と違い電池残量が表示されるのが便利です。
これとhallaunchが購入のきっかけになったアプリです。
ひとつ疑問なのですが、最近やっと入力にも慣れてきて
damemopadを導入したのですが、damemopadが起動中に
時計モードに移ると画面がちょっと、、、
damemopadで表示されている(前面)サイズで時計が表示
されます。
標準の時計に切り替えると全画面で表示されるのですが
DAが表示されているときは画面サイズがおかしいので
しょうか?ほかのDAでは試していませんが、一度確認
してもらえればと思います。

よろしくお願いします。

  • 2005/07/11(月) 21:06:26 |
  • URL |
  • ひゃま #-
  • [ Edit]

HAL:

ひゃまさんはじめまして。ご報告ありがとうございます。

時計起動前にダイアログなどが開いていると,そのサイズで時計が表示されてしまう問題は私も認識してます。
とりあえずの回避策はロッカーダウンで標準の時計を表示させて,モジュールを一回りして拙作の時計を再び表示させれば全画面で表示されると思います。

抜本的な修正を行うつもりではいるんですがなかなか時間が取れなくて…。
今 HalLaunch と HalKeyConfig のちょっとした修正をしているのですが,それが一段落したら時計アプリの開発を再開するつもりです。申し訳ありませんが今しばらくお待ちください。

他にもバグや気になる点,要望などがありましたら是非お知らせください。

  • 2005/07/12(火) 10:34:22 |
  • URL |
  • HAL #sqCyeZqA
  • [ Edit]

コメントの投稿 (Post Comment)

管理者にだけ表示を許可する (Only administrator can read this comment)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal9.blog3.fc2.com/tb.php/18-8fdafa7e

HotTime for WristPDA正式公開

>さて、次回の更新では、HotTimeをWristPDAに対応させるにあたって

  • 2005/04/06(水) 19:52:00 |
  • ひぐちの日記(blog版)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。