HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Palm Pre 感想その1   [English]

写真(6.4MB)とかはすでにアップしていますが、Palm PreをSprintの回線契約とともに購入して1週間ほど経ちましたので、改めてその感想などを順次報告していきます。(各画像をクリックすると大きな写真が開きます)

全体的な感想
私はiPhone/iPodTouchを持っていないのでちゃんとした比較ができるわけでは無いですが、周知の通りそれらを強く意識したインターフェイスになっています。つまり指でタッチ、ドラッグ、マルチタップが操作の基本です。それに加えてカードインターフェイスによるマルチタスクの切り替えが出来ますが、これはやはりなかなか楽しくまた実用面で便利だと感じます。

ただ、慣れの問題もあるとは思いますが、指タッチだけでなく5Wayなどのハードキーが欲しいと感じる時もあります。Preにはハードウェアqwertyキーボードがありますが、文書入力中に少し前の単語を入力し直したい時などに指が無意識に方向キーを捜してしまいます。つまり文章はハードキーで入力できるのにカーソル移動は指タッチしなければならないので、その不統一にまだ慣れません。

しかし閲覧主体の使い方なら、やはりこのiPhoneちっくな指タッチインターフェイス+カードインターフェイスは快適です。現時点では日本語の入力が出来ないこともあるので、入力は主にPCで行いPreは閲覧主体で使うのがいいかもしれません(Classic環境では日本語入力できるのでそれを除く)。WebOS本来の売りであるネットワーク上のデータと自動的に同期する機能は、明示的に同期の操作を行わなくてもPCで入力した各種データを自動でPreに表示してくれるので、閲覧主体でも十分実用的ですし、なんとなく楽しいです。

このネットワーク上のデータとの自動的な同期については、やはり素晴らしいと思います。まだまだいろいろ試してみないと分からないこともあるかもしれませんが、たとえばPCでGoogle Calendarに入力した予定がなんの操作を行わなくてもPreのCalendarにそのまま表示されるのはとても快適です。PalmOSであるTreo 700pではネットワークに接続する際に(操作は必要としないものの)いちいち接続過程を表示するダイアログが出ていましたが、Pre/WebOSではそういったものは表示されず常にネットワークに繋がっているような感覚で使えるのも使っていて気持ちいいです。

日本語対応
何となくの印象にすぎませんが、WebOSの基礎部分自体は日本語を含めた各国語の処理に対応した作りになっているような感じです。日本語フォントももとから入っていましたし。あとは個々のアプリケーションでどれだけ日本語などにきちんと対応しているか、という問題のように思えます。個々のアプリについてはまた後日見ていきます。

現時点では日本語の入力は出来ませんが、マルチタスクかつコピペ可能な環境なので、日本語変換に特化したノートパッドのようなアプリを作れれば一応の日本語入力は出来るようになるんじゃないかと妄想しています。時間があれば自分で作ってみたいとも思いますが、今のところアイデアだけで作るかどうかは未定です。

ハードウェア
個人的に縦長画面かつ縦スライドのqwertyハードキーボード搭載機を待ち望んでいたので、この点だけでもPreには期待していました。このスタイルが好きな理由は片手操作をするのに便利だと思うからです。ただし先にも述べたとおり操作の基本は指タッチ、ドラッグなので実際に使ってみると結局両手を使ってしまうこともしばしばあるのが誤算といえば誤算でした。やっぱり5Wayキーぐらいは欲しかったと思いますが、5Wayキーと現状のタッチインターフェイスは根本の思想が違うでしょうから、これは無い物ねだりでしょうね。

画面下のポッチは全画面表示⇔カードビューを切り替えるだけで、電源のONも出来ないです。電源ボタンは側面、本体右上にあるのでこのボタンで電源のONが出来ればいいのにと思います。

キーボードを開くと電源がONになります。これはユニバーサル検索機能、画面下のボタンによるビュー切り替え機能と合わせると、とても便利です。つまり以下の一連の操作が自然な流れで出来ます。

電源OFF状態 → キーボードを開く → (アプリが全画面表示になっているときは画面下のボタンでカードビューに切り替える) → キーボードでいきなり検索語を入力する → 検索はアプリ名、Contactsに登録されている名前、等々に対して行われ対応語が無ければWeb検索(Google, Wikipedia, Twitter)に移行する。

たとえばContactsに対応する名前があれば絞り込んでリターンキーを押せばそのまま電話がかけられるし、アプリならリターンキーでアプリを起動し、Web検索なら検索結果のページが表示されます。言葉ではうまく表現出来ないですが、複数のデータベースを統一的に検索し結果に応じた処理をしてくれるのはとても便利です。ただこのユニバーサル検索の対象になっていないアプリ(例えばCalendar)はこの恩恵を受けられないので、将来的には検索対象を広げるかユーザが選択できるようになるともっと素晴らしいのに、と思います。

ハードウェアの話に戻ると、個体差かもしれないですがキーボードスライドに少し引っかかりというかガタつきを感じることがあるのが残念です。あと蓋つきのUSBポートが側面にあるのですが、これが開けにくいのと、いつか蓋がちぎれて無くしてしまいそうなのが残念です。

キーボード
以下Palm Pre, Treo Pro, Treo 700pのキーボードを横から見た写真です。こういうキーボードの打ちやすさは、キーの間隔、キー表面の出っ張り具合、の2点が重要だと個人的に考えています。

Palm Pre

Treo Pro

Treo 700p

あくまで個人的な感想ですが(まあ3年近くTreo 700pをメインマシンとして使ってきたせいもあるのかもしれませんが)700pのキーはとても使いやすく、Treo Proのキーはそれには劣るものの悪くはないかなという感じで、そして残念ながらPreのキーの押しやすさはこれらには劣ります。感覚的にはProにやや劣るかな、という程度です。これはキーの出っ張り具合があまりないこと、スライドさせた場合に重心が上のほうになってしまうことなどが原因のような気がしますが、スライドキーボードであることを考えると700pと同レベルを求めるのは無理でしょうし仕方ないかな、と思います。
あくまでこれらと比較して、という話なので誤解なきようお願いします。個人の嗜好もあるでしょうが、私はハードウェアキーボードがあることは、(画面が狭くなったり打鍵感のフィードバックの無い)スクリーンキーボードとは比べ物にならない利点だと思います。


とりあえず今回はここまで。個々のアプリの感想などはまた後日。

コメント

A2living: こ、これは

これはまずいものを見てしまいました。 SprintのHomePageに行って自分のアカウントを調べてみたら、昨年755Pにアップグレードしたばかりなのに何故か199ドルでUpgrade可能な状況になっているので、まずさ加減も倍増

自分の場合、日本語を入力することがあまり無いので、表示できれば十分なんです。

Evernoteが動いてますね。 最近はこれがキラーアプリだと思っています。
一方Classic上ではDateBk6の動作にまだ問題があるようです。CESDさんによれば、Classicの方のBugらしいですが...

eMailの日本語表示ができるようになれば 我慢ができなくなりそうです。

ところで毎月の料金があがりましたか?単純なVision Plan ($15/month)だけでは駄目でEverything planに切り替えなければいけないようですが

-: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2011/12/11(日) 00:52:03 |
  • |
  • #
  • [ Edit]

-: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2012/11/23(金) 13:04:27 |
  • |
  • #
  • [ Edit]

-: 承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

  • 2013/02/08(金) 07:32:33 |
  • |
  • #
  • [ Edit]

コメントの投稿 (Post Comment)

管理者にだけ表示を許可する (Only administrator can read this comment)

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://hal9.blog3.fc2.com/tb.php/104-10c672c0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。