HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Optimus Maximus 見てきました   [English]

キートップに有機ELディスプレイを搭載したキーボード,Optimus Maximus が SOHO の Wired Store で展示されていたので見てきました。

optims071125-01.jpg この写真はピンボケですが,実機はとてもクリアな表示でした。

私の写真は Treo のカメラで撮ったものでピンボケしまくりなので,きれいな写真は
Engadget
のギャラリーなどを見てください。

やはり全てのキートップが有機ELディスプレイで,動的に表示が変わるというのは非常にインパクトがありました。すごく欲しいです。

展示されていた実機はキーボードだけで,PC に繋がれてはいなかったので実際に入力してみることは出来なかったのですが,触ることは出来ました。触ってみた感じは個々のキーが大きい(キーピッチが広い)なあ,という印象でした。

OM-key-anime.gifあと,キーの構造は多分この図(横から見た断面図)のような感じで,表示部分は基盤に固定(灰色の部分)で,それを覆う透明なカバー(水色の部分)を押し下げることでキー入力する仕組みのようでした。

表示部分が動かないのはさほど気になりませんでしたが,こういう構造のためかキーの端を押すとやや引っ掛かりがあるようにも感じました。(この展示品だけの問題かもしれませんが)まあこのキーボードはタッチタイプで高速入力するような用途のものでは無いでしょうからたいした問題では無いのでしょう。

問題は値段ですね。これが 500 ドル程度なら血迷って買ってしまうかも知れませんが,約 1600 ドルというのはちょっと買えません。(もちろん 100 個以上の有機ELディスプレイが載ったデバイスなのでこの値段になるのもしょうが無いとは思うのですが)

用途によるでしょうが私的にはフルキーボードの全てがカラーディスプレイである必要は無く,カスタマイズ可能な 20 個程度のキーがあれば良いのでそのような廉価版を出してくれることを期待したいです。

出来ることなら Ergodex DX1 キーボードのように,台座と個々のキーを分離可能にしてバラ売りしてくれるともっと手が出しやすいのになあと思います。
もちろん表示する画像の送信や電力の供給が必要なので Ergodex DX1 のように無接点方式には出来ないでしょうけど,レゴブロックみたいな構造にすれば配置の容易さを確保したまま接点から電力供給/通信ができると思うのですが,そういうの作ってくれないかなー。
そういうシステムで,例えば台座を 2-300 ドル,個々のキーを 2-30 ドルで後から買い足しもできるようなシステムにしてくれると随分買いやすくなるのになあと思います。

以下は私が撮ってきた写真ですが,どれもピンボケなので
Engadget
のギャラリーを見に行ったほうが良いです。

【“Optimus Maximus 見てきました”の続きを読む】
スポンサーサイト

HalNaviEnabler 0.93b 公開   [English]

HalNaviEnabler のバグ修正版(ver 0.93b)を公開します。

ara さんより御指摘頂いた“操作をしているのに一定時間後に電源がオフになる場合がある”問題を修正したものです。

もう少し詳しく言うと,jog mode で使っている場合に 5 way キーの操作ではオートオフタイマーのリセットが行われない場合があり,結果としてキー入力をしているのに電源がオフになってしまうことがありました。
この問題は Palm T|X や Z22 では起こりますが,Treo 700p では起こりません。

今回の修正はこの点だけですので,この問題が起きていないならば ver 0.92b からアップデートする必要はありません。また暫定修正版(HalNaviEnabler-070506.prc)からの変更は無いので,それを既に使っている方も入れ替える必要はありません。

ダウンロードは wiki の方からどうぞ。

DA は変更していないので本体(HalNaviEnabler.prc)だけ上書きインストールすればいいはずです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。