HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Treo700p 感想   [English]



8月のはじめごろに Treo700p を Sprint の回線契約込みで購入し,それ以来メインマシンとして使っています。その個人的な感想など。

主な用途は辞書,メモ,音楽,ネットです。PIM は(必要ないので)あんまり使っていません。
概ね満足していますが,自分の用途では一点だけどうしても不満な点があるので買い替えも含めて検討中です。

気に入ったところ

・やはりストレート型でフルキーボードが使えるのはいいです。取り出しながらボタン押しでアプリを起動して,構えたときにはすぐに片手でキー入力が出来るのは便利です。主な用途のひとつが辞書引きなのでこれは個人的にとても重要です。
キーボード付の PDA はこれが初めてなので他の機種と比べてどうなのかは分かりませんが,次に買う時もキーボード付であることは外せない条件になりました。

・ほぼすべての操作を 5-Way キーなどのハードキーだけで行えるのでほとんど画面タップをしたことがありません。これも非常に快適です。(自作アプリのおかげもありますが)

・個人的なことですが WristPDA のプログラミングをやったお陰で PalmOS のプログラミングを覚えてしまったので,ちょっとしたツールなら自分で作れるようになりました。そんなわけで OS が PalmOS であるというのは個人的に少し心強くもあります。

・アメリカで携帯電話として契約しているからですけど,いつでもどこでも単体でネットに接続できるのは思っていた以上に便利です。ちょっと思い立ったときにすぐにネットで検索やらができるのはやはりいいです。

不満なところ

・Bluetooth のサポートプロファイルが貧弱。ヘッドセットと HotSync ぐらいにしか使えない。
個人的に A2DP/AVRCP が使えないのは致命的です。購入前にサードパーティの A2DP プロファイルが Treo650 に対応していることは確認していたのですが,残念ながら 700p では動きませんでした。
他にも FTP とか PAN とかも標準では使えません。まあこれらは有償でサードパーティのソフトを購入すれば良いだけではあるんですけど。

・本体が厚くて重い。これもかなり不満です。これまで PDA は胸ポケットに入れて使っていたのですが,Treo を胸ポケットに入れるのは断念しました。いまはベルトにホルスターを取り付けて持ち運んでいます。
ただし厚みに関しては慣れればこのぐらいの方がキーボードを使うときのホールドにとってはいいのかもしれません。でも私としてはもう少し本体が幅広かつ薄めの方が好みです。

・せっかくいい位置にある緑と赤のキーが,標準状態ではほとんど活用されていない。
まあこれは自作ツールで活用しているので構わないと言えば構わないのですが,もったいないなぁと。

・ブラウザがいまいち。
標準搭載のブラウザはそこそこ軽快に使えるけど EUC コードなどで書かれた日本語のサイトなどが表示できない。Opera Mini ならたいていのサイトは表示できるけどちょっと動作が重い。
せっかくいつでも定額でネットに接続できるのに,いいブラウザが無いのは残念。


【“Treo700p 感想”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。