HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

freedom mini keyboard   [English]

BTminiKB010.jpg 12月の始めに Bluetooth 接続の小形キーボード freedom mini keyboard を購入しました。
初期不良で交換してもらったり、自作アプリの公開を優先したりしてたので記事を書くのが遅くなりました。

以前 FrogPad を紹介した時にも書きましたが,寝転がっていても使える無線接続の極小キーボードが欲しかったので,このキーボードはとても気に入りました。

どこで読んだか忘れたのですが、このキーボードについてどなたかが接続のたびにパスキーの入力が必要ということを書かれていました。
環境に依存するのかもしれませんが私のところでは一度ペアリングしてやれば,次からはどれかキーを押せば自動的に再接続されてそのまま入力が可能です。
PDA(Loox720)側をサスペンドしたりソフトリセットした後でも、PDA の電源が入っていて Bluetooth Manager がバックグラウンドで起動されてさえいればそのまま入力を始められるということです
もちろん一文字目はデバイスの接続のために1秒くらい遅れてしまいますが,毎回接続を意識する必要は無く快適に使えています。

またデスクトップPCとも問題なく接続できます。
但し,私の環境では BT ドライバを最新のものにしておかないと接続のたびにパスキーの入力を求められていました。最新のドライバ(BlueSoleil 1.6.1.4)をインストールした後は接続が切れた後でも,またPCを再起動した後でも,どれかキーを押せばそのまま文字入力を開始できます。

もちろん PC と PDA の両方と同時にペアリングは出来ないので,一度 PC とペアリングして再度 PDA とペアリングする時にはパスキーの入力は必要になります。
どっちでも使いたいし,比較的安価(
$60)なのでいっそのこともう一台買ってしまおうかと思ってます。

以下,写真を中心に雑感を記します。

【“freedom mini keyboard”の続きを読む】
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。