HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小技 その2 置き換えアプリのキー設定   [English]

今日の要点 (まあ当たり前のことでわざわざ紹介するほどのことでも無いかも知れませんが…)

ButtonF (HalLaunch に同梱のパネルアプリ) と HalKeyConfig を使えば PsMemo 等の置き換えアプリでもキー操作でカテゴリの切り替えなどが可能


以前紹介したように HalKeyConfig を使って Wrist PDA のハードキーに4大アプリボタンを割り当ててやれば標準の4大アプリではキー操作でカテゴリの切り替えなどが出来ます。

例えば HalKeyConfig で MemoPad の PageDown に "H4 MemoPad" を割り当てておけば,MemoPad で PageDown キーを押せばメモ帳のカテゴリが順次切り替わっていきます。

KCPsMemo.png しかし PsMemo などの置き換えアプリでこのような設定を行っても,このままでは PageDown キーを押した時に標準アプリである MemoPad が起動してしまいます。


ButtonF2.png そこで Pref から ButtonF を起動して図のように "H4 MemoPad" の項目に "PsMemo" を割り当ててやります。

これで PsMemo で PageDown を押せば PsMemo 内でカテゴリが切り替わるようになります。


ま,普通の Palm の Pref>Buttons でハードキーに置き換えアプリを割り当てたのと同じようなことが出来るというだけなんですけど,もしかして HalKeyConfig (もしくは HalLaunch) と ButtonF の連携に気づいていない人もいるかなーと思って書いてみました。

ちなみに KsDateBook では "H1 DateBook" 等を割り当てるより [JOG >] で一発設定をしたほうがたぶん便利です。JOG 設定ならロッカーキーの押し込みで表示の切り替えが出来るし,標準 DateBook では出来ない週の移動などもハードキー操作のみで出来ます。

[追記] 日々平穏の Qt さんが ThumbWheel を割り当てる設定例を紹介してくださっていますのでご参考に。
なるほど,アプリによっては JOG で設定するよりも ThumbWheel なんかを割り当てたほうがいい場合があるんですね。
HalKeyConfig をお使いの方でこのアプリではこんな風に設定すると便利だよ,というのがありましたら是非ご紹介下さいませ。なにぶん私は Wrist PDA が唯一の Palm 機だったりするのでまだまだ知らないアプリとか使い方とかがありそうなので。(実際,メモ帳のカテゴリ切り替え機能などは bono2 さんに教えてもらうまで全く知りませんでしたし)
スポンサーサイト

新規アプリまとめて紹介   [English]

Fossil WristPDA 用の新しいアプリを見つけたらリンク集に随時追加していますが、やはり新規エントリでも紹介しないと気がつかないだろうと思うので簡単に紹介します。
[10/9 追記] ねふぁさんがさらに NfAWatch, NfBWatch などを公開されています。詳しくはねふぁさんのところ(またはリンク集)を参照してください。
[10/1 修正] NfWatch がバージョンアップ v1.0 → v1.1
[9/26 修正] Yotta が ver 1.0 として公開
[9/25 追記] nfTimer,IR Watch 追加


PAMU ぱむさん作

> PenPenW Ver.0.9
お絵かき・手書きメモアプリ (PenPenCol の WristPDA 版)

> KeyWatch Ver.0.7
ハードボタンランチャー。最大48個のアプリを直接起動可能。 (KeyLunch の WristPDA 版)

> IR Watch Ver.0.3
赤外線量測定ソフト。時間変化をグラフ表示。 (IrMonitor の WristPDA 版)


ねふぁさん作Cafe Cappuccino

> NfWatch v1.0 v1.1
時計アプリ。前後三ヶ月を切り替え可能なカレンダーやメモ帳の内容を表示可能。またビーム受信状態の管理が可能。
[10/1 追記] v1.1 ではメモ帳の“Watch”カテゴリの内容も表示できるようになりました。これで NfWatch に表示させる/させないを簡単に切り替えられるようになりとても便利になります。ねふぁさんありがとうございます。

> NfLaptime v1.0
ストップウォッチ。ラップをとったりミリ秒までの表示に対応。

> NfFossilUtilDA v1.2
ビーム受信の設定や Jot のオンオフを簡単に行う DA。

> NfTimer v1.0
カウントダウンタイマー。アプリを終了してもアラームは鳴る。

メモ帳の内容を表示する時計アプリは是非欲しかったのでこれは個人的にとても嬉しいです。(まあ自分でも似たようなものを作ろうとは思っていますが、その前に HalWatch を早く公開できるようにしたいです)


DAVID TROTZ さん作

> Yotta Ver 0.90 Beta Version 1.0
時計アプリ。当日の予定の他に今週の予定,ToDo の項目も表示する。また時報の有無や12/24時表示の設定などが可能。
シェアウェアの予定だそうです。現在非公開βテスト中。テスターになるには作者さんにメールしてアーカイブ解凍のパスワードをもらう必要があります。
Version 1.0 が公開されました。$6.50 のシェアウェア。但し 10/31 までは $4.95 のようです。

digitalw   [English]

digitalw Yahoo! Groups : wristpda で Fossil Wrist PDA 用時計アプリ digitalw ver 0.4 が公開されています。

特徴はその日の予定を5件まで表示すること,ちゃんと DateBook で指定されたアラームを鳴らすこと等のようです。特に日本語対応を考えているわけでは無いと思いますがちゃんと日本語で表示されます。

ただしまだバグがあるようで,私が試した範囲ではアラームが鳴った場合次の時刻表示が正しくされないことがありました(例えば 10:00 にアラームが鳴ると 10:01 になっても表示は 10:00 のままで 10:02 以降は正しく表示される)

まあひぐちさんの HotSchedule があるのでわざわざ Yahoo Group にログインしてダウンロードするほどのことも無いかもしれませんが,一応紹介しておきます。

入手は Yahoo! Groups : wristpdaFiles > Freeware と辿ると digitalw.prc がダウンロードできます。投稿者の記事は こちらです。(Yahoo! Groups はユーザー登録(無償)をしないと入れませんので,上記リンクをクリックしてもあらかじめログインしておかないとはじかれると思います)

それと同じ場所に(一つ前の ver 0.3 のものですが)ソースコード digitalw-src.zip もアップロードされています。

モバイル専科でも15,000円   [English]

モバイル専科 で9/15から Abacus Wrist PDA が¥15,000 で販売中のようです。

また Vis-a-Vis でも引き続き¥15,750 で販売中のようです。(9/15の時点で“在庫あり”の表示)

[追記] ShopU でも¥15,750 で販売中のようです。( butuyokumania さん,トラバありがとうございました)

小技 その1 ランチャの使い分け   [English]

Wrist PDA 専用アプリ HalLaunchHalKeyConfig などについての一通りの使い方はそれぞれのページに書いてはあります。しかし実際にどう使えばいいか分かりにくいかも知れないなー,とは前から思っていました。
そんなわけでこんな使い方が出来るよ,という説明を時々して行こうかと思います。(まあその2がいつになるか分かりませんが…)

----------

今日の要点

HalLaunch に同梱の ButtonF.prc (パネルアプリ)を使えば任意のアプリを標準ランチャに設定可能


まずはランチャの使い分けについてです。

ランチャには大まかに言って2つのタイプがあります。インストールされているアプリを自動的にすべて列挙する一覧型とあらかじめユーザーが使うアプリを登録しておく登録型です。

HalLaunch は登録型のランチャであり,またそれほど多くのものを登録して使われることを想定していないのでどうしても一覧型のランチャを併用することになると思います。

標準のランチャは一覧型ではありますが,あまり使いやすいとは言えません。そこで置き換えアプリを使うことになると思います。私は RonDoPalmTech さん作)を使わせてもらっています。
よく使うアプリは HalLaunch に登録しておいてキーの長押しで HalLaunch 起動→登録アプリ起動という使い方をし,たまに使うものは RonDo から起動するようにしています。

こういう使い方だと標準のランチャはほとんど必要無くなります。しかし Wrist PDA ではバックキーを押した時に標準のランチャに戻ってしまうものが多いです。
どうせならバックキーを押した時に HalLaunch なり RonDo なりが起動するようにした方が便利だと思います。

多くのランチャアプリでは自身を標準ランチャとして登録する機能を提供していますが HalLaunch 自身はこの機能を持っていません。しかし同梱してある ButtonF.prc を使えば HalLaunch を含む任意のアプリを標準のランチャとして設定できます。

ButtonF050919b.png ButtonF はパネルアプリなので Pref 起動→ ButtonF 選択で左の画面になります。ここの一番下“Launcher”(デフォルトは Applications)に RonDo を指定すれば,大抵のアプリでバックキーを押した時に標準のランチャではなく RonDo が起動するようになります。

もちろん HalLaunch の長押し起動で RonDo を起動するように設定し ButtonF で HalLaunch を標準ランチャに指定する,といった使い方もできます。

もうお分かりと思いますが HalLaunch 自身に標準ランチャになるための設定項目を作らずに別アプリとしたのは任意のアプリを標準ランチャに設定することが出来るようにするためです。

極端な話,Calc を標準ランチャとして設定することもできます。しかし Calc はランチャ機能を持っていないので HalLaunch の長押し起動機能などを設定していないとアプリの切り替えが一切出来なくなる可能性もあるので注意してください(ランチャ機能の無いアプリを標準ランチャに指定しないことを推奨します)。

Photo Watch   [English]

photo_watch02.png Yahoo! Groups : wristpda で Fossil Wrist PDA 用時計アプリ Photo Watch (フリーウェア)が公開されています。

特徴は複数の壁紙をロッカーキーで切り替えて表示できることのようです。
“it's a quick hack”だそうで,まだアラームの処理は実装されていないようなので注意してください。

入手は Yahoo! Groups : wristpdaFiles > Watch Faces と辿ると photo_watch.prc がダウンロードできます。投稿者の記事は こちらです。(Yahoo! Groups はユーザー登録(無償)をしないと入れませんので,上記リンクをクリックしてもあらかじめログインしておかないとはじかれると思います)

PRCedit_photo_watch02.png あらかじめ5種類の壁紙が組み込まれていますが,壁紙の入れ替え,数の増減も以前紹介した PRCedit.exe を使えば出来るみたいです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。