HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HotTime とキーイベント   [English]

HalLaunch による Palm の4大ボタンのキーイベント発生で,HotTime のランチャー機能が中途半端に呼び出されてしまう問題のとりあえずの回避方法を考えてみました。

HalLaunch のクイック起動に Palm の4大ボタンのキーコード発生を割り当ててみた方は気づいていると思いますが,これらのキーコード発生で HotTime のランチャー機能を呼び出してしまいます。
HotTime は[ボタン割り当て]の設定を行うことで,4大ボタンの押し込みで自身を起動し,離した時に指定のアプリを起動する機能を持っています。
しかし HalLaunch はキーを離したイベントを発生しないので Wrist PDA 上では HotTime の機能の前半部分だけが実行されてしまいます。つまり HotTime が起動するだけで4大アプリの起動ができなくなってしまいます。

なら[ボタン割り当て]の設定をやめればよさそうなものですが,HotTime for WristPDA の壁紙機能やレイアウト機能を使うためには[ボタン割り当て]の設定が必要になります。

そこでどうするかというと HotTime のランチャ機能を事実上無効にして,HotTime for WristPDA に対するオプション設定だけが有効になるようにしてやります。

これを行うためには普通の Palm には含まれているボタン設定,または同等の機能を持ったアプリが必要になります。私はとりあえず POSE を OS4 の標準 ROM で立ち上げて "Export Database" で "Buttons.prc","Buttons_enUS.prc" を抜き出して WristPDA の実機にインストールしました。ただこの方法が合法かどうか良く分かりません。[訂正]HalLaunch のアーカイブに同梱した ButtonF.prc を使ってください。

では HotTime for WristPDA に対するオプションだけを有効にする具体的手順です。

1)HotTime → [Options] → [ボタン割り当て] で壁紙表示など必要な設定を行う。

2)pref → ButtonF で4大ボタンの設定をデフォルト(または好みの置き換えアプリ)に設定する。

これだけです。要は HotTime が書き換えた起動設定を Pref/ButtonF で上書きしてやるだけです。起動設定が上書きされても HotTime for WristPDA のレイアウト設定は上書きされないみたいなので,これでうまくいきます。

HalLaunch での4大ボタンエミュレートも HotTime for WristPDA のレイアウト機能もどちらも使いたいという方は試してみてはいかがでしょう。まあ人によってはボタン設定を行うアプリの入手がネックになるかもしれませんが…。どなたかフリーで使えるボタン設定の置き換えアプリとか知りませんか?



ところでいつの間にか TigerDirect で ABACUS モデルが $79.99 になっていますね。WEB での注文ではなく電話しなければならないようですが,一応海外からの注文も受け付けてはいるようです。英語がネックだとは思いますが送料を加えてもこの価格は魅力だと思います。興味のある方はがんばってみてはいかがでしょう。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。