HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

時計アプリの変数   [English]

今回はプログラミングの話です。さきらさんのとこ海苔音さんのとこで WristPDA の時計モードで動く TrainTime のようなものについて検討されているようなので,その参考になるかな?と思ってちょっと時計モードのプログラムについての覚書を記しておきます。

WristPDA の時計モード用のプログラムは普通の Palmware を作るのと比べて多少の制約や決まりごとがあります。でもまあ SDK のドキュメントを見ればわかりますがそれほど大した決まりごとでは無いです。既に Palmware の開発をしたことがある人ならすぐ時計アプリを作れると思います。

ただ,海苔音さんがまとめている通り時計モードでは操作できることが非常に限られているので,TrainTime のように複数のパラメータを変更する必要がある場合にはひと工夫必要です。

以下,ソースコードを交えて説明しますので興味のある方は続きを読むをクリックしてください。

【“時計アプリの変数”の続きを読む】
スポンサーサイト

時計アプリを作りたい…   [English]

暫定版のまま3ヶ月以上ほったらかしている HalWatch ですけど,そろそろちゃんと作り直したいです。
ただその前に他のアプリの修正を片付けてしまいたいので改善要望などありましたらお早めにお知らせ下さい。

----------

moWP.jpg ありし日の気分(改)のさきらさん作の Mollo PeintureHotTimeWallDA。これらはそれぞれ WristPDA 用のお絵かきアプリ,画面キャプチャアプリなのですが,それらの画像をひぐちさん作の HotTime for WristPDA の壁紙に設定できます。

これのなにが便利かというと,さきらさんがおっしゃっている様に

ちょっとした「捨てメモ」を表示させるという使い方です。そう考えると実用度は高いと思いますよ。というか自分自身で前から欲しかった機能なんですが。例えば買い物メモとかどうでしょう。

買い物メモにCLIEのT400を使っていた時期もありました。ええ、メモは手描きメモでもMemoPadへの文字列でもいいんですが、「何買うんだっけ」と思った時に胸ポケットからT400を取り出し、電源を入れて、確認して、再び胸ポケットへ というような事が必要なのが面倒でやめちゃいました。挙動不審だし。それならば紙切れにボールペンとかでメモして胸ポケットに入れた方が自然でいいじゃないと思ってそれっきりです。

ですが、今回は腕にメモが付いてるんです。何かボタンを押さなくても常に表示されてるんです。しかも見る動作は腕時計で時刻を確認するそれそのものです。


まさに WristPDA ならではの使い方でしょう。こういう一見シンプルなアイデア,でもとても便利な機能と言うのはすばらしいです。

私も WristPDA を買い物メモとして使うことが多いのですがいちいち時計モードから PDA モードに戻ってメモ帳アプリで確認してました。しかしその動作すら不要というのは便利です。
見つけたら買っておくべきもののリスト(例えばボタン電池の型番とか)や既に買ったもののリスト(単行本の何巻まで買ってあるかとか)はメモ帳に書いておくのでもいいんですが,メモ帳に書くほどではないその日限りの買い物メモ(コメとかニンジンとか)は前の晩とか仕事中とかに Mollo Peinture でちょこっとメモしておいて,仕事帰りにスーパーでちょっと腕を確認しながら買い物をするのはとても便利です。

【“時計アプリを作りたい…”の続きを読む】

HotTime とキーイベント   [English]

HalLaunch による Palm の4大ボタンのキーイベント発生で,HotTime のランチャー機能が中途半端に呼び出されてしまう問題のとりあえずの回避方法を考えてみました。

HalLaunch のクイック起動に Palm の4大ボタンのキーコード発生を割り当ててみた方は気づいていると思いますが,これらのキーコード発生で HotTime のランチャー機能を呼び出してしまいます。
HotTime は[ボタン割り当て]の設定を行うことで,4大ボタンの押し込みで自身を起動し,離した時に指定のアプリを起動する機能を持っています。
しかし HalLaunch はキーを離したイベントを発生しないので Wrist PDA 上では HotTime の機能の前半部分だけが実行されてしまいます。つまり HotTime が起動するだけで4大アプリの起動ができなくなってしまいます。

なら[ボタン割り当て]の設定をやめればよさそうなものですが,HotTime for WristPDA の壁紙機能やレイアウト機能を使うためには[ボタン割り当て]の設定が必要になります。

そこでどうするかというと HotTime のランチャ機能を事実上無効にして,HotTime for WristPDA に対するオプション設定だけが有効になるようにしてやります。

これを行うためには普通の Palm には含まれているボタン設定,または同等の機能を持ったアプリが必要になります。私はとりあえず POSE を OS4 の標準 ROM で立ち上げて "Export Database" で "Buttons.prc","Buttons_enUS.prc" を抜き出して WristPDA の実機にインストールしました。ただこの方法が合法かどうか良く分かりません。[訂正]HalLaunch のアーカイブに同梱した ButtonF.prc を使ってください。

では HotTime for WristPDA に対するオプションだけを有効にする具体的手順です。

1)HotTime → [Options] → [ボタン割り当て] で壁紙表示など必要な設定を行う。

2)pref → ButtonF で4大ボタンの設定をデフォルト(または好みの置き換えアプリ)に設定する。

これだけです。要は HotTime が書き換えた起動設定を Pref/ButtonF で上書きしてやるだけです。起動設定が上書きされても HotTime for WristPDA のレイアウト設定は上書きされないみたいなので,これでうまくいきます。

HalLaunch での4大ボタンエミュレートも HotTime for WristPDA のレイアウト機能もどちらも使いたいという方は試してみてはいかがでしょう。まあ人によってはボタン設定を行うアプリの入手がネックになるかもしれませんが…。どなたかフリーで使えるボタン設定の置き換えアプリとか知りませんか?



ところでいつの間にか TigerDirect で ABACUS モデルが $79.99 になっていますね。WEB での注文ではなく電話しなければならないようですが,一応海外からの注文も受け付けてはいるようです。英語がネックだとは思いますが送料を加えてもこの価格は魅力だと思います。興味のある方はがんばってみてはいかがでしょう。

WristPDA 用キー置き換えアプリ公開   [English]

Fossil/Abacus Wrist PDA 専用のキー置き換えアプリ HalKeyConfig ver 0.9b を公開します。

HalKeyConfig は本体右側の5つのハードキーのキーコードを任意のものに置き換えます。置き換え設定はアプリケーションごとにできます。
これによって例えば JOG 対応アプリなどを快適に使えるようになります。

HalKeyConfig を使うには HalLaunch がインストールされ“クイック起動/キー置換”がONになっている必要があります。

HalKeyConfig の説明とダウンロードはこちらからどうぞ。


以下は設定例です。

RonDo

RonDo RonDoPalmTech さん作の Jog ダイアルの操作に対応したランチャーですが,WristPDA で使うと画面をタップしないとアプリの起動が出来ませんでした。

MainRonDo1.png しかし HalKeyConfig でこのような設定を行ってやれば,アプリ選択,起動,リングの切り替えなどが WristPDA のハードキー操作だけで可能になります。

HalLaunch は登録型のランチャーに過ぎないですが,一覧型/登録型の双方の特徴をもった RonDo はとても便利だと思います。それにアイコンがぐるぐる回るのは使ってて楽しいです。

【“WristPDA 用キー置き換えアプリ公開”の続きを読む】

icombi Bluetooth Headphones   [English]

icombi Bluetooth 接続のステレオヘッドホン icombi 800 をひと月ほど前に買いました。以来毎日使ってますが、その感想など。

通退勤時には Loox720 と接続して、自宅では PC と接続して使ってます。使用感は正直微妙ですが、まあしばらくは使っていこうと思ってます。

Loox との接続には TK-BLOG さんで以前紹介されていた Bluetooth Stack を使ってます(今はダウンロードできなくなっているみたいです)。

以前使っていた HP の BT ヘッドホンでは Loox と再接続するためにヘッドホン側の操作だけで出来た(と記憶している)のですが、icombi では Loox 側の Bluetooth Manager を起動して接続アイコンをタップしてやらないといけないのでちょっと面倒です。

しかも Lavista さんご指摘のようにレジストリをいじって周波数ホッピングを無効にしてやらないと頻繁に接続が切れるし、接続前に WMP で再生を開始していないとヘッドホン側の音量調節ボタンがうまく働かないみたいです
また HP のやつでは起こらなかったのですが特定の曲を再生すると接続があっさり切れてしまいます。ビットレートの問題なのかどうか良く分かりませんが、この場合は曲目を変えて再度接続してやれば大丈夫みたいです。

【“icombi Bluetooth Headphones”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。