HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HalLaunch v0.9b 公開   [English]

Fossil/Abacus WristPDA with Palm OS 用のランチャーアプリ HalLaunch のバージョンアップです。

変更点(ver 0.6b → 0.9b):

・キーの長押しで HalLaunch(とコマンドバー)だけが起動可能でしたが,任意のアプリを長押しで起動できるようにした。
・時計からの復帰起動に HalLaunch だけでなく任意のアプリを割当可能にした。
・5つのキーそれぞれの長押しに機能割当可能にした。
・長押し中にバックキーを押す起動方法を追加した。
→つまり合計10個のクイック起動が可能になった。
・クイック起動に DA を割り当てることで今まで使えなかった入力支援系の DA も使えるようになった。
・機能カテゴリにキーコード発生を追加。
・最近起動したアプリを順番に再呼び出しする機能追加。
・ボタンの表示名を変更可能にした。

ダウンロードはこちらのページからどうぞ。ただし説明はまだ下書き段階なので何を言いたいか分からないところもあると思います。申し訳ありませんがまた後日にこのページを覗いて説明を読んでやってください。 [05/6/30 追記] 説明のページを更新しました。

バグなどありましたら,このエントリにコメントするのでも私にメールを送るのでもいいのでぜひ御報告下さい。


今回の目玉は長押し起動に任意のアプリ/DAなどを割り当てられるようになったことです。例えばひぐちさんJotChange for WristPDA DA版を割り当てておけば,メモ帳などを立ち上げてから Jot がオフになっていたことに気づいた時でもいちいち HalLaunch を立ち上げたりすることなく,メモ帳の上で直接 Jot のオン/オフが切り替えられます。
ひぐちさん,DA 版の JotChange 作成ありがとうございました!

長押しだけでなく,長押し+バックキーにも機能を割り当てられるようにしましたが A+ と多分競合しますので A+ をお使いの方は御注意下さい。

キーコード発生機能の主な目的は,普通の Palm にはついている4つのハードボタンの機能を完全ではないにせよ再現することです。例えばメモ帳ボタンならメモ帳起動とカテゴリ切り替えがボタンの長押し等で可能になります。
またキーコード 0x00f2 を発生することで PBInline の状態をトグルすることが出来ます。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。