HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HalLaunch バグ修正   [English]

海苔音さんより御報告頂いた以下のバグの修正を行いました。

バージョン0.9bをインストールして「起動設定」で機能を"on"にしてソフトリセットを行ったあとの状態での話です
いらない予定などをJotでコマンドを呼び出してGraffiti2で"D"を入力して削除しようとしても、対象になっている予定などに"d"が入力されるだけで削除されません(コマンドバーのゴミ箱アイコンをタップすれば削除できます)。
同じくJotでコマンドを呼び出した後、"i"でインフォメーションを呼び出そうとしても、BEEP音が出るだけで情報が出てきません。


修正版ではコマンドショートカットもちゃんと働きますので既に ver 0.9b をインストールされた方は修正済みの ver 0.9b2 に入れ替えてください。 お手数をかけて申し訳ありません。ダウンロードはこちらのページからお願いします。

海苔音さん,バグ報告ありがとうございました。他の方もバグを見つけたら是非御報告をお願いします。
スポンサーサイト

HalLaunch v0.9b 公開   [English]

Fossil/Abacus WristPDA with Palm OS 用のランチャーアプリ HalLaunch のバージョンアップです。

変更点(ver 0.6b → 0.9b):

・キーの長押しで HalLaunch(とコマンドバー)だけが起動可能でしたが,任意のアプリを長押しで起動できるようにした。
・時計からの復帰起動に HalLaunch だけでなく任意のアプリを割当可能にした。
・5つのキーそれぞれの長押しに機能割当可能にした。
・長押し中にバックキーを押す起動方法を追加した。
→つまり合計10個のクイック起動が可能になった。
・クイック起動に DA を割り当てることで今まで使えなかった入力支援系の DA も使えるようになった。
・機能カテゴリにキーコード発生を追加。
・最近起動したアプリを順番に再呼び出しする機能追加。
・ボタンの表示名を変更可能にした。

ダウンロードはこちらのページからどうぞ。ただし説明はまだ下書き段階なので何を言いたいか分からないところもあると思います。申し訳ありませんがまた後日にこのページを覗いて説明を読んでやってください。 [05/6/30 追記] 説明のページを更新しました。

バグなどありましたら,このエントリにコメントするのでも私にメールを送るのでもいいのでぜひ御報告下さい。


今回の目玉は長押し起動に任意のアプリ/DAなどを割り当てられるようになったことです。例えばひぐちさんJotChange for WristPDA DA版を割り当てておけば,メモ帳などを立ち上げてから Jot がオフになっていたことに気づいた時でもいちいち HalLaunch を立ち上げたりすることなく,メモ帳の上で直接 Jot のオン/オフが切り替えられます。
ひぐちさん,DA 版の JotChange 作成ありがとうございました!

長押しだけでなく,長押し+バックキーにも機能を割り当てられるようにしましたが A+ と多分競合しますので A+ をお使いの方は御注意下さい。

キーコード発生機能の主な目的は,普通の Palm にはついている4つのハードボタンの機能を完全ではないにせよ再現することです。例えばメモ帳ボタンならメモ帳起動とカテゴリ切り替えがボタンの長押し等で可能になります。
またキーコード 0x00f2 を発生することで PBInline の状態をトグルすることが出来ます。

使い切りビデオ   [English]

CVS(アメリカのドラッグストア)で発売された使い切りビデオカメラ One-Time-Use Video Camcorder を買ってみました。参考→ ITmedia の記事

(クリックで大きめの写真が表示されます)

記事にもある通り本体 $30,DVD に落とすのに $13 で本体は帰ってこない。つまり $43(約4500円)で20分の DVD だけが手元に残るというシステムではっきり言って高いです。まあもともと旅行者向けのものなんでしょうけど。

でも本体に液晶モニタがあって再生は出来るみたいだったので,バッテリさえ何とかできれば本体を返却しないでずーっと持っていて,メモ的にちょっと撮って再生してみる,という使い方を $30 だけで出来るんじゃなかろうかと思って試しに買ってみました。

【“使い切りビデオ”の続きを読む】

WristPDA SDK v1.3   [English]

私が気づいてなかっただけかもしれませんが,いつの間にやら fossil のサイトで SDK ver. 1.3 が公開されています。

fossil050604s.png

以前のバージョンはサイト上の表記とアーカイブの中身が一致してませんでしたが,今回は中身もちゃんと 1.3 みたいです。というか中のファイルの更新日付が 2004/12/20 とか 2005/1/3 なので,ひょっとしてアップし忘れていただけなんじゃ…。
(ところで写真と本文は関係ありません。せっかく撮ったので載せてみたかっただけです。クリックで大きな写真が見れます)

まだ詳しく見てませんが,サンプルコードに JotCtrl というのが追加されてます。実際にコンパイルして試したわけじゃないですけどソースをちょっと眺めてみたところ(SysUIAppSwitch()ではなく) SysAppLaunch() の引数を指定して Jot を呼び出すことで Jot のオン/オフなどを切り替えられるっぽいです。つまり Jot のオン/オフを切り替える DA とかを作れるかもしれません。

実はひぐちさんの JotChange for WristPDA をあたかも DA のように使うために,HalLaunch から JotChange に必要な情報を渡して JotChange がメモ帳などもともと起動していたアプリを起動させることができるような仕組みを作っていました。それでひぐちさんに JotChange の改造をお願いしようかと思っていたところだったのですが,どうやらそんなややこしい事をしなくてもよさそうです。



また別の話ですが PalmGear.com に WRIST PDA SOFTWARE STORE がオープンしているみたいです。PalmGear 運営のサイトみたいですがレイアウトはなんとなく Fossil のサイトっぽいです。
WristPDA 専用のアプリだけをラインアップしているわけでは無いみたいですしシェアウェア中心みたいですけど,まあ今後の充実に期待ということで。

qLaunch   [English]

米 Yahoo! Groups の The Fossil Wrist PDA with Palm OS Group のファイルエリアに qLaunch が公開されているので紹介します。なお PalmOS 5 用の QLaunch というものもあるみたいですが,まったくの別物です(たぶん)。

qLaunch はロッカーキーの操作でアイコンを選択し,アプリを起動する Wrist PDA 専用のアプリです。

qLaunch_Main2.png これがメインの画面です。

周囲8つの場所に任意のアプリを登録しておき,
ロッカーキーの上下でカーソル移動して選択,
ロッカーキーの押し込みでアプリ(この場合 Palm 君1号)を起動します。

アプリの登録は真ん中のアイコンをタップしてセットアップモードに移行して行います。

qLaunch_Setup1.png ページアップ/ダウンキーで登録する場所を移動して,
ロッカーキーの上下で真ん中のリストを動かしてアプリを選択し,
ロッカーキーの押し込みで割り当てを行います。

セットアップモードを抜けるには左下かどこか,ボタン以外のところをタップします。

【“qLaunch”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。