HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Loox720 使用記   [English]

この blog,ほとんど WristPDA 専門になってますけど私のメインのモバイルマシンは Casio の E-503 から現在の Loox720 に至るまで,5年以上ずーっと WinCE 機です。

なんで今まで PocketPC をメインにしたことを書かなかったかというと,私の使い方はほとんど他のサイト(GEOMETRIC SPACE さんやモバチキさん,TK-BLOG さんなどなど他にもいっぱい)の情報をそのまま使わせてもらっているだけで,私が何か書いてもそれらのサイトの二番煎じにしかならないと思っているからです。
ちなみに,Loox 720 についてはみーちーさんのとこが詳しいです。

じゃあなんで今回 Loox720 のことを書くかというと,KOTETU さんのこの記事この記事を読んだからです。KOTETU さんの最も言いたいであろうこと「みんなでもっとPDAのことを盛り上げようや!」という点については全面的に賛成なので,今まで書かなかった機種についてもちょっと書いてみようと思った次第です。


前置きが長いですね,では本題です。

私が Loox720 を選んだ理由はまず PPC2003SE の VGA 機であること,ハードウェアボタンが沢山(6 個のアプリボタン + 5 way キー + 偽ジョグ)あること,CF + SD のダブルスロット,交換可能なバッテリ,Bluetooth,WiFi 搭載であること,本体が小さいことなどです。

特に私が重視しているのは偽ジョグとその近くにあるアプリボタンです。これらのキーが側面にあることでメニューの選択なんかがとても便利になるのです。
それに CF が使えるのも重要です。SD も大容量のものがありますけど同じ容量なら CF の方が安いですから。


主要な用途は音楽再生,辞書引き,地図などの画像閲覧です。

【“Loox720 使用記”の続きを読む】
スポンサーサイト

拡張フォントダイアログ for Wrist PDA ver. 0.9b 公開   [English]

[05/8/4 追記] このページは古いです。最新版のページを参照してください。

このアプリは標準のフォント選択ダイアログを置き換えることによって,腕 Palm を意識して作られたわけではない普通のアプリでも,Fossil 特有の大きなフォントを使えるようにするものです。(但し,標準のフォントダイアログを使用しているアプリに限る)

使用前/使用後

使用前/使用後-Pook これは PooK の例です。左が標準状態で一番大きなフォントを指定した時,右が本拡張を有効にして Fossil 特有の大きなフォントで表示したものです。

私が試した範囲では,PsMemoKsDatebookKsToDoCSpotRun などではうまく大きなフォントが使えるようです。その他のアプリでも標準のフォント選択ダイアログを使っていれば大抵は動くと思います。

以下,ダウンロード先と説明です。

【“拡張フォントダイアログ for Wrist PDA ver. 0.9b 公開”の続きを読む】

HalLaunch ver. 0.6b 公開   [English]

[05/6/30 追記] 以下の情報は古いです。最新版をこちらで公開しています。

前回の更新で HalLaunch にはもう機能追加しないようなことを言ってましたが,動作チェックをしていると“こうしたほうが便利だし,さほどの手間でもないよなぁ”というようなアイデアが湧いてきてしまったので現在その作業をしています。

現在の改定が終わってから公開しようかとも思ったのですが,指摘された不具合をいつまでも放置しておくのもアレなので,とりあえずの改訂版を公開します。

配布条件や基本的な使い方は前のバージョン(ver 0.3b) に準じますのでそちらを参考にして下さい。

ダウンロード → HalLaunch_0.6b.zip
[05/6/30 追記] 最新版をこちらで公開しています。

新バージョンのインストールは,必ず前のバージョンを削除してから行って下さい。保存する設定の書式が変わっているので,消さずに上書きインストールすると予期しない動作をする可能性があります。
前のバージョンを削除する前には起動設定を両方オフにして,リセットしてから削除を行ってください。

以下,簡単に説明します。

【“HalLaunch ver. 0.6b 公開”の続きを読む】

開発中…   [English]

なんとなく,今の開発状況を記してみる。

HalLaunch は指摘された点は既に修正済みです(ひぐちさんアドバイスありがとうございました)。この修正自体はすぐに終わったのですが,いくつかのちょっとした機能を追加しようとしてました。
プログラム的には似たようなやり方で実現できる機能があったのでそれも組み込んでしまおうかどうしようか悩んでいたんですが,ランチャに組み込むのは不自然なので結局別アプリにすることにしました。
というわけで今 HalLaunch の最終チェック中です。日本語と英語の説明書きが終わったら公開します。

ところで皆さんは普段 Jot を有効にしてますか?
有効にしてると画面の反応がとても遅く感じられるので私は基本的に無効にしています。どうせ文字の入力はほとんどしないですし。
ただアプリによってはメニューを開くためにコマンドバーを呼び出さなくてはならないものがあって,そんな時はコマンドストロークを認識させるためだけに,いちいち Jot を開いて有効にして使って終わったらまた戻す,ということをしてます。めんどくさいです。
Graffiti なら EvtEnableGraffiti() で有効無効をプログラムから制御できるので HalLaunch の特殊機能に割り当てることも出来るのですが Jot ではそうはいかないみたいです。
だれかプログラムから Jot の制御をするいい方法を御存知でしたら御教授下さい。

【“開発中…”の続きを読む】

HotTime壁紙作成の補足   [English]

ひぐちさんが HotTime for WristPDA の正式版 ver. 1.0 を公開されました。ひぐちさんありがとうございます。

壁紙データも本体のバージョンにあったものを使わなければならないみたいですが,この間紹介した壁紙作成法はそのまま使えるみたいです。

また以前のバージョン用に自作した壁紙データも PRCedit を使えば簡単に新バージョン用に移行できるので,その方法を簡単に御紹介します。

【“HotTime壁紙作成の補足”の続きを読む】

Palmのランチャープログラム作成覚書   [English]

今回はプログラミングの話です。あまり分かりやすい話ではないので興味のある方だけ“続きを読む”をクリックして下さい。 【“Palmのランチャープログラム作成覚書”の続きを読む】

HotTime for WristPDA の壁紙作成   [English]

ひぐちさん作の HotTime for WristPDA はフォントや壁紙を入れ替えることが出来て自分好みの時計を作れて楽しいのですが,今のところ壁紙データを作成するツールが公開されていません(メールを送れば個別に対応してくださるそうですが)。

専用のツールが無くても壁紙データを自作できるようなので,その方法を紹介します。以下は私が作ってみた壁紙の例です。ちなみに実機では一般的な PC のモニタで見るよりもかなり薄く表示されます。

HotTimeWallPaper00.png HotTimeWallPaper02.png

こうして出来てしまったものをお見せしてもなかなか楽しさは伝わらないかも知れないですが,自分でカスタムしたものが腕で動いているというのはやってみると結構楽しいものです。是非トライしてみてください。

以下に紹介する方法は HotTime 作者のひぐちさんが認めているやり方ではないので,その点御承知ください。あくまで自己責任でお願いします。そのへん不安な方はちゃんとひぐちさんにメールしてツールの配布をお願いした方がいいと思います。

【“HotTime for WristPDA の壁紙作成”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。