HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

WindowsMobile 搭載腕時計型携帯電話?   [English]

最近いくつかのニュース系サイトで紹介されていた腕時計型携帯電話のOSが Windows Mobile なんだそうです。もし普通の WM デバイスみたいに任意のアプリをインストール・実行できるのだとすると、多分腕ぱー以来のプログラム可能な腕時計型デバイスということなので非常に興味があるのですが…。



でもこの画像を見ていているとそこはかとなく不安になります。ていうか別にWMではないこっちの腕時計電話と同じ筐体に見えます。それに来週には出荷すると言いながら”Tentative Specifications (subject to change without notice) ”とか書いてあるのもとても不安です。

当てにならないかもしれない仕様は当該ページにあります。個人的に気になるのは腕ぱーに欲しいと思っていた、防水、bluetooth、3Gでは無いとはいえGPRSで携帯ネットワークに繋がるらしいことなどです。(バッテリーのもちも気になりますが、たぶん期待は出来ないでしょうね)

$600以上と安くは無いですが、これらの仕様が満たされ、しかもユーザーアプリを自由にインストールできるWinCE機なら多分買うと思います。

あとは続報を待つか、人柱として突撃するか…、どうしましょうかね。
スポンサーサイト

WinCE クロスコンパイル用 GCC のメモ   [English]

この記事はさきらさんのとこにコメントしようとしたんですけど出来なかったので,代わりにトラックバックするために書いたものです。
http://sun.dhis.portside.net/~sakira/diary/?date=20070129#p02
<追記>あれ,トラックバックも受け付けられてないみたいですね…。さきらさん気づいてくれないかな。</追記>

私の場合プログラムを書くなら emacs 中心でないと嫌だったので Win CE アプリの開発には手を出していませんでした。
でもいくつか Win CE アプリのクロスコンパイルが出来る GCC があるみたいです。
まだ自分で試したことは無いのでどの程度実用的(GUIの構築とか)なものかは分かりませんけど参考までに。

CeGCC
http://cegcc.sourceforge.net/

GNUWINCE
http://win-ce.voxware.com:28575/Development%20Tools/gnuwince.html

ちなみに CeGCC はひとりぶろぐさんの記事から知りました。
http://moyashi.air-nifty.com/hitori/2006/10/cygwinlinuxwind_e429.html

まあ私の場合新しい開発環境構築以前に,今進行中のアプリの開発を何とかしたいんですけどね。最近まとまった時間が取れなくて全然進みません。

BTキーボードでATOKの制御   [English]

以前 Freedom Mini Bluetooth Keyboard について感想を書いた時点ではこのキーボードだけでは IME の制御は出来なかったのですが、いつの間にか英国のじぃさん作の PQz が PPC2003 にも対応されていたようです。(mi さん、お知らせありがとうございました)

PQz と PQz Key を組み合わせて使うとこのキーボードだけで IME の制御などが出来るようですのでその設定を簡単に記しておきます。
あと必須では無いですが個人的な趣味で TK-BLOG さん作の FEPTgl も併用します。

以下のような設定をしておいて BT マネージャがバックグラウンドで立ち上がってさえいれば,あとは PDA 本体に一切触らなくてもアプリの起動,ATOK のオンオフ切り替え,予測変換候補の選択,確定等がこのキーボードの操作だけで可能です。

以下,設定画面のキャプチャです。

【“BTキーボードでATOKの制御”の続きを読む】

SimpleOS on Loox720   [English]

Loox720 は使い方が安定してしまってあんまり書くネタが無いのですが,たまには Loox の話もしようと思って TK-BLOG さんで紹介されていた SimpleOS というやつでちょっと遊んでみました。

説明がほとんど無かったので良く分からなかったのですが,とりあえずフルバックアップを取ってから説明どおりにインストール,起動してみました。

SimpleOS_2Linux.jpg クリックで大きな画像が開きます。以下同じ。

名前からしてリナザウの pdaXrom のように OS を置き換えてしまうものかとどきどきしていましたが,そうではなくて PPC で起動する普通の(?)アプリのようです。

今のバージョンでは PocketIE が起動できたり本体のリセットや電源オフが出来る事以外は実用性は無さそうです。

SimpleOS_1Boot.jpg SimpleOS_3XP.jpg

SimpleOS_4XP.jpg SimpleOS_5ShutDown.jpg

これが単なるジョークソフトなのか,それとも PPC でマルチウィンドウ環境を提供するプラットフォームを目指しているのかは知りませんが,もし後者だとして現在のところは以下のような感じみたいです。

・デスクトップアイコン
アイコンの再配置やダブルタップでの起動が出来るようです。起動して意味があるのは今のところ PIE を起動するアイコンとテーマ切り替えウィンドウを開くアイコンだけみたいです。"Home" の起動でエクスプローラのようなウィンドウが開きますがまだ何も動かないみたいです。

・デスクトップ
デスクトップでのダブルタップでメニューがでます。"Task Manager" でタスクマネージャーウィンドウが開きます。
このタスクマネージャは SimpleOS から起動すると起動中のタスクリストを表示するだけですが。GSFinder+ 等から "/Personal/bin/ptm.exe" を起動するとタスクの切り替えや終了が出来るみたいです。

・ウィンドウ
ウインドウの移動,最大化,閉じるはできますがサイズ変更はまだ出来ないみたいです。
複数のウィンドウを開いてオーバーラップさせられますが,オーバーラップの順番を入れ替えたりはまだ出来ないみたいです。

・スタートメニュー
Log Off で SimpleOS の終了,Turn Off で終了ダイアログがでてそこから画面消灯,デバイスの電源オフ,リセットができます。それ以外の項目はまだ動かないみたいです。
ちなみに SimpleOS を起動しなくても GSFinder+ 等から "/Personal/bin/psShutXP.exe" を起動するとダイアログがでてそこから実際にリセットなどが出来ます。


私が気づいたのはこんな感じで,現時点では人に見せびらかしてびっくりさせることぐらいしか使い道が無さそうです。でもこれがもっと充実してマルチウィンドウ環境を提供するプラットフォームになればなかなか面白そうです。

Loox720 使用記   [English]

この blog,ほとんど WristPDA 専門になってますけど私のメインのモバイルマシンは Casio の E-503 から現在の Loox720 に至るまで,5年以上ずーっと WinCE 機です。

なんで今まで PocketPC をメインにしたことを書かなかったかというと,私の使い方はほとんど他のサイト(GEOMETRIC SPACE さんやモバチキさん,TK-BLOG さんなどなど他にもいっぱい)の情報をそのまま使わせてもらっているだけで,私が何か書いてもそれらのサイトの二番煎じにしかならないと思っているからです。
ちなみに,Loox 720 についてはみーちーさんのとこが詳しいです。

じゃあなんで今回 Loox720 のことを書くかというと,KOTETU さんのこの記事この記事を読んだからです。KOTETU さんの最も言いたいであろうこと「みんなでもっとPDAのことを盛り上げようや!」という点については全面的に賛成なので,今まで書かなかった機種についてもちょっと書いてみようと思った次第です。


前置きが長いですね,では本題です。

私が Loox720 を選んだ理由はまず PPC2003SE の VGA 機であること,ハードウェアボタンが沢山(6 個のアプリボタン + 5 way キー + 偽ジョグ)あること,CF + SD のダブルスロット,交換可能なバッテリ,Bluetooth,WiFi 搭載であること,本体が小さいことなどです。

特に私が重視しているのは偽ジョグとその近くにあるアプリボタンです。これらのキーが側面にあることでメニューの選択なんかがとても便利になるのです。
それに CF が使えるのも重要です。SD も大容量のものがありますけど同じ容量なら CF の方が安いですから。


主要な用途は音楽再生,辞書引き,地図などの画像閲覧です。

【“Loox720 使用記”の続きを読む】
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。