HALの不定期雑記 電子小物の話題など

自作ソフト/過去記事のまとめ Fossil Wrist PDA 関連リンク集
Softwares for the Fossil Wrist PDA (English page)

スポンサーサイト   [English]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HalNaviEnabler 0.9b 公開   [English]

HalNaviEnabler ver 0.9b を公開します。
主な変更点はバグ修正および Navi モードと Jog モードを切り替え無しに使える複合モードの追加です。

バグ修正
・PaPi-Mail J の新規メール編集画面で Navi モードを使っている時に 5-Way の上下左右キーを押すとリセットがかかることがあった問題の修正。
・孤立した([ON][OFF] みたいに2つ以上が組になっていない,つまり [ON] みたいに単独で使われている)PushButton の操作がうまくいかない場合があった問題の修正。

追加機能
mak さん,charu さんより頂いた御意見をもとに,切り替え無しに Navigation と Jog エミュレートを使える複合モードを追加。

Navi 優先複合モードでは 5-Way キーを短く押すとフォーカスの移動など Navi モードの動作を行い,5-Way キーの長押しで Jog のエミュレートを行います。
Jog 優先複合モードは長押しと短く押した時の機能が逆になったモードです。

あと Navi モードが使えない機種でも Jog モードは使えるかも知れないので, Navi モードが使えないからと言って全ての機能が使えなくなることは無いようにしたつもりです。
ただそのような機種を私は所有していないのでうまく動くかどうかは分かりません。

Treo 700p と Z22 で動作確認しました。
ver 0.8b で動作報告のあった Palm T|X,Treo 650 でも多分動くでしょう。
動作しないとの報告のあった TungstenC でも,もしかしたら Jog モードは使えるかもしれません。

お手持ちの機種で Navi モード Jog モードともに動いた,または Jog モードだけだが動いた,全く動作しなかった等の報告を頂けるとありがたいです。もちろんバグ報告も歓迎です。

ダウンロードと詳しい説明は wiki の方を見て下さい。

以下使い方の例です。

【“HalNaviEnabler 0.9b 公開”の続きを読む】

HalNaviEnabler 0.8b 公開   [English]

最近何人かのblog を見て 5-WayNavi に非対応のアプリでも画面のボタンやフィールドなどの操作を 5-WayNavi で行えるようにする SharkNav というものがあるのを知りました。
ハードボタンで操作するのが好きな私としては是非使いたいと思ったのですが,残念ながら Treo700p にも Z22 にも非対応でした。
でも考えてみれば割と単純な仕組みで似たようなことが実現できるんじゃなかろうかと思って作ってみました。

というわけで HalNaviEnabler ver 0.8b を公開します。

HalNaviEnabler の特徴

・5-WayNavi によるフォーカス移動などに未対応のアプリでも,対応アプリと同様な Navigation を可能にします。(Navi mode)

・5-WayNavi を Jog のように使うことも出来ます。(Jog mode)

・あらかじめアプリを登録しておかなくても DA によりその時々で Navi mode ⇔ Jog mode を切り替えることが出来ます。

詳しい説明とダウンロードは wiki の方でどうぞ。


まあ全てのアプリで全ての操作をハードボタンのみで行うことはまだ出来ない(table object の操作が出来ない)のですが,それでも FileZPhatNotesAddrexHRCaptDM 等の操作性はかなり良くなるんじゃないかと思います。

手持ちの Treo700p,Z22 で動作確認はしましたが,この機種でも動いた/動かなかったとか教えてもらえると嬉しいです。
[追記]TungstenC では動作しないそうです。

以下各アプリでの使い方の例です。

【“HalNaviEnabler 0.8b 公開”の続きを読む】

HalLaunchDA ver0.4b 公開   [English]

HalLaunchDA ver 0.4 beta を公開します。

HalLaunchDA は WristPDA または Z22 や Treo 等の 5-WayNavi を持った機種において DA やアプリ、特殊機能等の実行を画面タップ無しに,本体のハードキー操作のみで快適に行うことを目指した DA 型のランチャーソフトです。

HalLDA01w.png HalLDA01n.png

主な特徴

・ハードボタン操作のみでアプリ,DA,パネルアプリ,キーコード発生,特殊機能などを実行する。
・よく使うアプリや DA 等を一つのリストにまとめておくことが出来る(ユーザー定義グループ)
・ユーザー定義グループは,起動しているアプリごとに設定できる。
・ボタンモードにより最短2回のボタン押しでユーザー登録機能の実行が可能。
・FEPToggle やカテゴリ移動コマンド等の組み込み機能。
・最後に起動した項目の位置を覚えているので同じ機能を繰り返し実行するのに便利。

ver 0.4b はベータ版です。バグなどありましたら是非お知らせ下さい。

ダウンロード,マニュアルは HalLaunchDA のページからどうぞ。



DA としては結構大きなものになってしまっているので WristPDA 用は多分これ以上機能追加とかはしないと思います。でも 5-WayNavi 用はもう少し手を入れるつもりです。
いや最近 Treo700p を購入したのですが,いい位置にあるくせにほとんど活用されていない緑と赤のボタンを見ているとあまりにももったいないので…。

ところでマニュアルは基本的に機能の説明であって使いこなしの説明ではないです。なので使いこなしの例とかを説明したいなーとは思うのですが,やるかどうかは未定です。(コード書いてるほうが楽しいし,それ以前にマニュアル自体もまだ一部書きかけですし)

近日公開予定   [English]

前回もちょっと触れましたが現在(WristPDA 用と 5-WayNavi デバイス用の)DA 型ランチャーを作ってます。

とりあえず使えるレベルにはなっているんですが,公開するために動作テストしたりマニュアルを書いてたりするとなんとなく機能追加したり変更したくなって公開準備を中断してまたコード書きに戻ってしまう,ということをここしばらく繰り返してます。(マニュアル書くよりコードを書いているほうが楽しいんです)

で,このままではいつまで経っても公開できそうにないんでここらで公開予告をしておこうかと。
まあ最近こちらはほとんど更新してないので見ている方もあんまりいないでしょうが,一応。
この週末にはまとめて,来週中には公開したいと思ってます。



作っているものの基本的なアイデアは,ハードボタン操作のみで DA 起動など各種機能を実行する,というものです。

もともとは WristPDA で DA を一覧表示しハードボタン操作だけで起動出来る DA ランチャが見つけられなかったので自作して,たいしたアプリでもないしそういうのを欲しがっている人も居なさそうだったので自分専用で使っていました。

しばらく前にどなたかの blog でハードボタン操作のみで使える DA ランチャについての記事があって,やっぱりそういうものを必要としている人も居るんだな,と思って公開するつもりで色々改造してました。

それでどうせ作るなら WristPDA 専用ではなくて Z22 や Treo 等の 5-WayNavi を持ったものでも使えるようなものにして,さらに DA を起動するだけでなく HalLaunch のようにキーコード発生や特殊機能なんかも付けたり,HalKeyConfig のように動作中のアプリに応じて動作を切り替えるようにしたりしてみました。

他にも色々ありますが詳しくは公開してからまた説明します。



ところで新機種購入ですが,やっぱり Treo 700p (Sprint 回線契約あり)を買ってしまいました。まだ自作ソフトの動作検証にしか使っていません(←本末転倒)が,ぼちぼち環境を整えていこうかと思ってます。
しかしこのニュースを見てちょっと早まってしまったかな,と思ったり思わなかったり…。
ま,その辺も含めていずれ Treo 700p の感想なども書こうかと思います。

購入検討メモ   [English]

今のところ LOOX720 をメイン WristPDA をサブとして使っていて,どちらもとても気に入ってはいるのですがメインの機種をキーボード付のものにしたいなーと常々思っていました。
メイン機の主な用途のひとつが歩きながら/人と話しながら片手で辞書を引くということもあってキーボード付の機種でも W-ZERO3 のような横スライド機種ではなくてストレート型のものがいいかなと思ってます。

米国の携帯電話会社は WindowsMobile や PalmOS 等を採用したスマートフォンを提供しているので(いままで携帯電話を使ったことは無かったんですが)どうせなら携帯電話(というかモバイルネットアクセス)が出来るものを使ってみようかと思ってちょっと調べていました。で,キャリアごとの機種やサービスプランなどの組み合わせがややこしいので自分用のまとめが欲しかったのでまとめてみました。
以下,自分用のメモです。

米国の主な携帯キャリアは Verizon, Cingular, Sprint, T-Mobile などがあります。
それぞれのキャリアが提供しているスマートフォンの内,私が気になる物一覧。
(各機種へのリンクはダイレクトには繋がらないかも)
キャリア機種値段
VerizonMotorola Q$199.99
Treo 700w$399.99
Treo 700p$399.99
SCH-i730$299.99
CingularTreo 650$199.99
iPAQ hw6515$349.99
SprintTreo 700p$399.99
PPC-6700(横型)$299.99
T-MobileT-Mobile MDA(横型)$299.99

それぞれのキャリアでの(定額)ネット接続プランの月額(ニューヨーク地域)。
キャリアプラン値段/月
VerizonPDA/Smartphone Voice & Data Choice Bundle - Core Choice 450$79.99
Cingular通話プラン無し $0 + Data Connect Unlimited $44.99$44.99
Nation 450 w/Rollover $39.99 + Data Connect 5MB $19.99$59.98
Sprint200分無料通話 $29.99 + Sprint Power Vision - Access $15$44.99
T-Mobile通話プラン無し $0 + T-Mobile Total Internet $49.99$49.99
300分無料通話 $29.99 + T-Mobile Total Internet $49.99$79.98


これまで PocketPC を使い続けていたので WindowsMobile5 の機種を使いたい気もしますが WristPDA や Palm Z22 を使ってみて PalmOS でもいいかなという気もしてます。まあ OS はどっちでもいいです。

それよりも出来れば胸ポケットに入るもの=厚みが薄いデバイスが好みなので Motorola Q はものすごく魅力的です。しかし残念ながら PocketPC Phone Edition ではなく SmartPhone Edition なので,多分日本語化するのが難しい(つまり英和/和英辞書として使えない)のでちょっと候補から外れます。
最近街中でも Moto Q を使っている人をちらほら見かけるんですが、かっこいいです。つい目で追ってしまいます。PocketPC Phoen Edition にしてくれたら少々高くても買うんですが,残念です。

Treo 700w や i730 も厚みを除けばいいマシンだと思うんですが Verizon しか提供していなくて,Verizon のデータ通信プランは高いんですよね。これらの機種が Sprint か Cingular のプランで使えたら間違いなくこの2つのどちらか,多分 700w にするんですけど。

で,料金プランからみて Sprint か Cingular の機種から選ぶとすると,Sprint の Treo 700p しか無いかなーという気もします。
いや Cingular の iPAQ (上記リスト中ダブルスロットはこの機種だけ?)もあるんですが,なんとなく iPAQ は触ってみてもときめかないんですよね。何ででしょう?

ただ Sprint に関しては桃ばいらさんのところとかを見ているとキャリアの選択としてベストでは無いのかなーとも思ったりして悩ましいです。

それに,そもそも LOOX720 が気に入っていて引退させるのも忍びないので、その辺も含めてもう少し悩んでみます。別に急ぐことも無いので。

ちなみにもし日本に住んでいたら(日本語化の必要の無い) W-ZERO3[es] を買っていたでしょうが,私がこれを買っても無線接続手段が一切無いデバイスになってしまうので残念ながら選択肢に入りません。
いや無線接続が必須なわけではないですが、携帯電話機能のあるものをわざわざその機能が使えない環境で使うのも空しいかな、と。(私にとっては、というだけです。そのように使っている人を否定するものではありません。念のため)


あと PDA では無いですが VAIO UX も気になっています。米国版では Cingular の EDGE ネットワークに接続できるのですが,米国版にはゼロスピンドルモデルが無いんですよね。どうせならゼロスピンドルがいいかなとも思うのですが。でも日本版のゼロスピンドルモデルは漏れなくワンセグチューナーが付いていて当然それは米国では使えないのでちょっと悩ましいです。もっともそれ以前に値段が悩ましいですが。


# ところで WristPDA 用のアプリを最近公表してませんが,開発をやめたわけではないです。
# 途中まで作って,自分用にはそれで十分だったのでそのままにしていました。
# そのうちもう少し整えてから公開します。
# いつになるか分かりませんが。

Z22 分解   [English]

現在 HalWatch の開発中なのですが,追加した機能についてちょっとした問題が見つかって,原因を調べるとどうやら HalLaunch の目立たないバグ(?)によるものらしい。
で,HalLaunch の修正を始めたのですがこれが大改修になりそうな感じで(その割に使い勝手は変わらない)しかも改修をしてみないと HalWatch での問題が本当に回避できるのかどうか分からない,といった状況です。

そんな感じでちょっと萎え気味だったので,気分転換に目の前にあった Z22 を分解してみました。

以下,写真ばっかりです。見たい方は“続きを読む”をクリックしてください。

【“Z22 分解”の続きを読む】

今度こそ Palm Z22 購入   [English]

Palm T|X と間違えられるというアクシデントがありましたが今度こそ Palm Z22 を入手しました。

まだ HotSync もしてないので当然日本語化とかはまだですが,とりあえず写真をアップします。
各写真のクリックで大きな写真が開きます。

Palm Z22 Z22 を手に持ったところ。

私の手は小さい方ではありませんが異常に大きいというほどでもないです。
個人的に小さなものは大好きなのでこの小ささはいいですね。なんかわくわくします。


以下写真ばっかりなので続きを見る方は“続きを読む”をクリックしてください。

【“今度こそ Palm Z22 購入”の続きを読む】
前のページ 次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。